2021年09月14日

ラジオ生中継です!

朝晩めっきり涼しくなりましたね。
鳴く虫の声が様々になり、秋の訪れを感じますね。

本日は、今週末に行われるラジオ出演のお知らせです♪
ご縁がありまして、こちらの番組で、NPOの活動紹介をさせて頂くことになりましたひらめき

ニッポン放送『うどうのらじお』(毎週金曜日15:30〜17:10)
9月17日(金)16時45分頃〜 soon
IMG_20210914_091908.jpg
賛助団体の一つ、練馬区高松にあるアゴラ造園(株)屋上庭園からの生中継です!
街並みのあちらこちらに見られる屋敷森の大きなケヤキが印象的な景色を臨みながら、楽しい収録が出来たらいいなと思っています。
たくさんの方に聞いて頂けたら嬉しいです(●^^●)

※放送日が17日㈯となっていました。㈮の誤りです。訂正し御詫び致します。
posted by みどりちゃん at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お知らせ

2021年09月13日

【キャンセル待ち】第五回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜

キンモクセイの香りが練馬のまちに漂うようになりました。
今日の秋晴れはとっても気持ちがいいですね(●^^●)

現在受付中の、第五回森のようちえん(9月26日㈰開催)、ご好評につき、申込フォームを【キャンセル待ち登録】に切り替えさせていただきました。

※本日(9月13日)朝9時までにフォームにご入力頂いた皆様には、参加費のお振込み先をご案内しております。
ご入金確認後登録完了となり、登録完了メールが事務局から届きます。
お手数おかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
おじぎみどり.jpg

2021年09月09日

森のようちえんで出会ったおもしろ生き物紹介!(ふりかえりと訂正)


8月の森のようちえんで夏のおわりの森探検が終わってから
あっという間に秋めいてきましたね。

今日は、ゆきの先生が、8月29日の森のようちえんで、ちょっとだけ出会えた
森のおもしろ生き物たちを紹介します☆

その名は「コシアカスカシバ」ですexclamation×2
【訂正】森のようちえんでは「カシコスカシバ」と言いましたが、高橋先生が後日詳しく調べたところ「コシアカスカシバ」でした。
カシコスカシバとの違いを比べてみてね!

DSCN3911xxx.jpg
クチナシの木にいたオオスカシバの幼虫は成虫になると羽が透明になります。
同じ仲間ではないですが、同じく成虫になると羽が透明になる「ガ」です!

本来、チョウやガの羽には鱗粉がありますが、彼らは羽化したら鱗粉を落としてしまいます。
なぜでしょう…?それはコシアカスカシバの見た目に関係しています!

皆さん、コシアカスカシバが何の虫に見えましたか?
DSCN3912xxxx.jpg

そう、黄色と黒が特徴の「スズメバチ」ですexclamation×2
DSCN3874x オオスズメバチ.JPG
(これは「オオスズメバチ」です。上の写真と見比べると、見た目そっくりですね!)

彼らは「毒をもっていないガ」なので、「ハチ」に「擬態(ぎたい)」することで
「刺すぞ!危険だぞ!」ってアピールして、自分を守っているのです。
ハチに似せるため、羽を透明にするなんて、すごい戦略です!
先生も飛んでいる姿を見たときは「スズメバチだ!」と騙されてしまいました(*^^*)

DSCN0100 トラカミキリ.JPG
【おまけ】これは「トラカミキリ」という虫で、コシアカスカシバと同じようにカミキリムシがハチに擬態(ぎたい)しています。


DSCN3759zz.jpg
コシアカスカシバは植物の葉っぱではなく、
コナラやクヌギなどブナ科の木の幹に卵を産みます。
幼虫は木の幹を食べて育ち、蛹になって飛び出していきます。写真の〇はその蛹の抜け殻です。
(この近くで産卵しようと飛んでいるコシアカスカシバを見つけました。)

開いた穴から樹液が出てきてスズメバチなどが集まるため、
彼らの天敵にはスズメバチも含まれます。
天敵の姿に似せて襲われにくくするために、このような姿へ進化したのかもしれませんね!

今の時期にブナ科の木の近くで見ることができるので、本物のスズメバチと間違わないよう気を付けて観察してみてください!

2021年09月03日

たのしかったね!8月の森のようちえん

晴れ最近、暑かったり涼しくなったりと気温の変化がすごいですね雨
季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さん体調に気をつけて下さい。

今回の報告は、現在NPOに研修で来ている玉川大学4年生のお姉さん(森のようちえんでは、ゆきの先生として人気者)に書いてもらいました。以下、元気いっぱいの報告をぜひご覧ください(●^^●)

さて、8月26日㈭に行われた第3回森のようちえんでは35度を超える猛暑の中、普段入ることができないバードサンクチュアリの森の中を探検してきました。
0歳〜小学5年生まで10名のお友達がご家族で集合!

RIMG1442.JPG
観察舎にある望遠鏡の裏側から水辺にいる生き物や植物を観察しました。

特別講師はバードサンクチュアリの管理をしている認定NPO法人生態工房の増永望美さんと、日本野鳥の会東京都支部探鳥会リーダーの高橋嘉明さんです!
RIMG1455.JPG
森を歩いていき、プラタナス広場に到着ダッシュ(走り出すさま)
プラタナスの幹の長さを小学生のお友達が協力して測りました。
その長さはなんと2m24pexclamation×2
ジャイアントパンダが巻き付いても余るくらい大きい木にみんなビックリ!
RIMG1480.JPG
さらに森を進み、途中でたくさんの生き物を観察して、いざカゴワナの引きあげへ!
外来種捕獲用のカゴワナはあらかじめ池に仕掛けていました。
お友達同士で協力して引きあげ、中を見たら大きなアメリカザリガニが!!
他にもモツゴなどの魚もいて、ワナにかかった水の生物にみんな興味津々目

外来種がいることで元々そこに生息していた在来種が食べられてしまったり、在来種が食べるエサを外来種が食べてしまい餓死してしまうなど、外来種を放置していると在来種が絶滅してしまうかもしれません。そのためにも外来種の駆除はもちろん、「持ち込まない」ことが重要だと教えてもらいました。

RIMG1490.JPG
池の生き物を観察したら最後に樹液に集まった昆虫を観察サーチ(調べる)
珍しいクロカナブンを見ることができました!

最後にみんなで「みどりー!」カメラ
暑い中、お疲れ様でした!
DSCN3692.JPG

今回の森のようちえんでは普段見ることができない生き物や植物を観察し、外来種の問題について教えてもらいました。いつも以上に見つけにくい環境にもかかわらず、みんな生き物を見逃さずに観察していてすごかったです!


第3回森のようちえんが終わってすぐ、8月29日㈰に第4回目森のようちえんも行いました。
3歳〜小学3年生まで7人のお友達がご家族で集合!
DSCN3891.JPG
今回のテーマは「夏の終わりの森探検」
特別講師は日本野鳥の会東京都支部探鳥会リーダーの高橋嘉明さんです!

初めに嫌われ者のイモムシ・ケムシを好きになろうということで、クチナシにいたオオスカシバの幼虫を観察しましたサーチ(調べる)
DSCN3766 オオスカシバ.JPG
ブリブリの大きな幼虫ですが、触ってみるとふわふわでマシュマロみたいな触り心地でした。
普段、虫を触るのが苦手な子も触り心地が良かったのか触れていました。
初心者向けのイモムシですねわーい(嬉しい顔)
RIMG1443.JPG
高橋先生がカマキリの羽を見せてくれました!
普段じっくり観察することができないため、親子そろってカマキリに釘付けに目

公園の雑木林では、秋の訪れを知らせるように青いドングリが実っていました!
クヌギやコナラ、マテバシイ、スダジイなど様々なドングリがあるので皆さんも探して比べてみて下さい!
RIMG1446.JPG
探索していると、なにやら葉のついたドングリがたくさん落ちているところが!
これは「ハイイロチョッキリ」という虫がドングリに穴をあけて産卵した後、枝ごと落としたあと。
名前に「チョッキリ」とあるように枝がはさみで切ったようにスッパリ切れていました。
葉っぱのついたドングリが落ちていたら、チョッキリ虫のせいかもしれません!

さらに歩いていくと緑の葉が生い茂る中、茶色に枯れた木が目の前に!
RIMG1448.JPG
これはカシノナガキクイムシによるもので、彼らは「ラファエレア菌」という菌を運びます。
「マスアタック」という集団的に幹に穴をあけ、中に運ばれた菌が繁殖し、水を吸い上げる機能を弱らせてしまうため、枯れてします。
その証拠に穴が開いているところから樹液が出ています。
皆さんの周りに穴が開いていて樹液が出ている木を見つけたら、カシノナガキクイムシのせいかもしれません!

今回の森のようちえんでは、夏の終わりということでイロハモミジやハナミズキの実、青いドングリを始め、この時期にカシノナガキクイムシによって枯れるマテバシイや、ドングリに産卵するハイイロチョッキリなどを観察することができましたサーチ(調べる)
秋になり紅葉に目が行きがちですが、落ちる前のドングリやそれらを利用している秋の生き物などにも目を向けて、日常生活の中から見つけてみて下さい!




2021年08月27日

“ミツオさんのぶどう”食べ頃です!

厳しい残暑が続きますね晴れ
食欲も落ちてしまっている人も多いのではないでしょうか?

当NPOとコラボで農業体験教室等を行って頂いている
練馬区谷原の『みやべぶどう園』(谷原1-21-5)では、
今まさにぶどう収穫の真っ最中です!
IMG_20210824_163751.jpg

コロナ禍で畑に入ることはできませんが、隣の区立箕輪公園から畑を臨むと袋に入った果実が沢山下がっている様子を見ることが出来ます。
IMG_20210824_163849.jpg
今週から直売が開始され、あっという間に半分以上の房が売れているとのこと。
品種によって多少の違いはありますが、一番人気の「藤稔(ふじみのり)」(写真上)は、今週末がピーク!今月中に駆け込むのがおススメとのこと!!

園主のミツオさんご家族が丁寧につくられたぶどうは、大粒で味の濃さが段違いです!
食べれば元気が出ること間違いなし!!

地域の畑も、大切な“身近なみどり”です。
ぜひ足を運んでみて下さいね。(直売の会場地図は以下に添付します☆)

※お出かけの際には、体調管理をしっかりと。マスク着用、少人数でのご来園をお願いします。
↓会場入口は、みやべ整骨院の脇にあります。
案内図.jpg

posted by みどりちゃん at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう畑のミツオさん

2021年08月25日

【満員御礼】8月の森のようちえん

暑い日が続きますね。
8月の森のようちえん、26日㈭、29日㈰共、定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きました。
参加できなかったみなさん、申し訳ありません。

先のブログでのお知らせの通り、次回は9月26日㈰に光が丘公園で開催予定ですひらめき
また元気でお会い出来ますように‥みなさん身体に気を付けて、残りの夏休みを過ごして下さいね!
みどり(●^^●)

2021年08月20日

8月9月の森のようちえんにつきまして

朝晩過ごしやすくなりましたね。夏休みもあとわずか。
思うような野外活動や自然体験ができなかった方も多いと思います。
当会の森のようちえんも現在、通常の半分以下の人数で限定的に行っております。

8月に予定している2件は、現状上記の規定で感染対策を行いながら開催予定です。
若干の空きが出ましたので、申込フォームを再開致しましたが、くれぐれもご無理ない範囲でお申込み頂けますようお願い申し上げます。

ご入金まで完了された方でも、今後の回に振り替えることができますので、
体調等に不安のある方は、事務局(03-3922-1890)までご連絡下さい。

参考までに、9月の予定を先行して以下の通りご案内致します。
感染拡大がこれ以上広がりませんように‥子育ての中でつらいこともあると思いますが
みんなでがんばりましょう!
第五回森のようちえん9.26.jpg
申込フォームはコチラ

2021年08月10日

夏季休業のお知らせ

夏季休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

■夏季休業期間:
下記の日程で夏季休業
令和3年8月10日㈫〜8月15日㈰

夏季休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、
8月16日㈪以降、順次対応させていただきます。

■森のようちえん申込フォーム入力された皆様にお願いです。
ご入金確認後参加確定となりますので、以下ゆうちょ口座へお振込みをお願いします。

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】008【普通】9671100 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
(ゆうちょ口座からから):【記号】10010【番号】96711001 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク 
 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。

事務局からの連絡メールが迷惑メールに入る等している方もいらっしゃるかと思い、本ブログ上でお知らせしました。
申込フォーム上は、定員に達している回もありますので、参加ご希望の方はお早めにご入金下さい。
おじぎみどり.jpg
posted by みどりちゃん at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お知らせ

2021年08月02日

夜の森の生き物達に、みんな釘付けでした!

2年ぶりに開催した「セミの羽化の神秘〜夜の森探検〜」7月31日㈯に無事終了しました。
例年の半分以下の人数で、夜の光が丘公園バードサンクチュアリとその周辺の森の中で
夜の生き物達を観察しました。
IMG_20210731_191729.jpg
どんぐりがなる木のマテバシイが、この日は“セミのなる木”に!
アブラゼミの羽化2.jpg
写真のアブラゼミの他、ミンミンゼミ、ニイニイゼミの3種類の羽化が目の前に!
木の下枝を切らずに残してもらえているおかげです。
子ども達だけなく、お母さんお父さん達も大興奮!

また、特別に入れて頂いたバードサンクチュアリでは、池の畔でコウモリ観察会。
(種類はアブラコウモリ。別名イエコウモリ。昔の家屋や学校などの建物の隙間などをねぐらにしており、実はとっても身近な生き物なのです。)
コウモリ解説.jpg
認定NPO法人生態工房の増永先生が、その生態や観察の仕方を教えて下さいました。
先生がフライフィッシング用の釣竿を空に向けて振り回すと、疑似餌をエサの虫だと勘違いしたコウモリたちが、頭の上に集まってきて大興奮!!
彼らがエサを捕まえるために出す超音波は人間の耳には聞こえないので、
バットディテクターという機械を使って沢山聞くことができました。

また、同じサンクチュアリの中のある“樹液レストラン”も大盛況!
カブトムシ他 1807292014 サンク.jpg
カブトムシ、コクワガタ、カナブンなど甲虫を中心に大賑わいでした!
(すみません、この以前のものですが、同程度の賑わいでしたよ!)
※イベントではバードサンクチュアリの中のコナラで観察しましたが、昨今都内ではカシノナガキクイムシという小さな甲虫が媒介する“ナラ枯れ病”が蔓延し、あちこちの公園などで大きなナラ、カシ類が傷つき樹液がでています。
そのため、樹液レストランが例年より多くあちこちで見られています。探してみて下さい。


人数が少ない分、ゆっくり観察出来たり、先生達のお話もしっかり聞いてもらえたりして、最後には、みんな3種類のセミを見分けることができるようになりましたよ☆

さて、振り返りクイズです!
1〜3のセミの種類を当ててみてね☆
ニイニイゼミの羽化.JPG
アブラゼミの羽化.JPG
ミンミンゼミの羽化.JPG

セミたちの羽化も、アブラコウモリの飛行も、樹液レストランも私たちの身の回りで起こっています。
ぜひ、今年の夏は身近なみどりの中で生き物を観察し、私たちの街の環境について考えてみませんか?(●^^●)

☆Special Thanks☆
認定NPO法人生態工房夏の特別企画があるよひらめきチェックしてみてね!
ガールスカウト東京都第172団←練馬区内の活動を中心にご覧になれます!
・NPO法人みどり環境ネットワーク!活動会員の皆様
★本事業は、公益財団法人東京都公園協会の助成金を受けて実施されています★
posted by みどりちゃん at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | セミの羽化の神秘〜夜の森探検〜

2021年07月29日

【受付開始】第三回森のようちえん&第四回森のようちえん

セミの羽化の神秘〜夜の森探検〜、満員御礼となりました。
お申込み込み頂いた皆様ありがとうございました!

8月下旬に2回、森のようちえん開催予定です。
夏休みの最後の思い出作りに、身近なみどりの中に一緒に出掛けませんか?

第三回森のようちえん2021チラシ.jpg
●第三回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:8月26日㈭ 9:00〜10:30【定員20名】
集合場所:光が丘公園バードサンクチュアリ
対  象:マスクができる幼児〜小学校低・中学年とその保護者
特別講師:増永望美さん(認定NPO法人生態工房職員)
バードサンクチュアリ担当リーダーとして野鳥だけでない様々な自然の魅力を伝えてくれる人気講師です☆
RIMG1452.JPG
普段は立ち入れない光が丘公園の“秘境”、バードサンクチュアリの森の奥へ探検しよう!

RIMG1443.JPG
みんなで、外来種捕獲用の“カゴワナ”も引き上げてみよう!
★第三回森のようちえん申し込みフォームはコチラ★

第四回森のようちえん.jpg
●第四回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:8月29日㈰ 9:00〜10:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園サービスセンター前
対  象:マスクができる幼児〜小学校低・中学年とその保護者
内  容:夏の終わりの森探検…夏の終わりの森を動植物の季節変化を感じながら
     のんびりじっくり散策します。
サトキマダラヒカゲ 1808091806.JPG
季節が変わればお客も変わる!樹液レストラン♪
0308031256 シオカラトンボ♂ バードサンク.JPG
夏のトンボと秋のトンボ両方見れるといいね!
★第四回森のようちえん申し込みフォームはコチラ★
posted by みどりちゃん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み探検隊