2021年05月28日

くらちゃん先生のお話会♪〜かわいいゆずこ〜

昨年一年間お休みしていた、練馬の森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜ですが、
今年度は、感染対策を行いながら光が丘公園で開催したいと準備を進めています。

その中の“くらちゃん先生”から、かわいいお話が届きましたのでご紹介しますねNEW

ある5月の爽やかな日、“ゆずこ”は、ユズの木と共に、たまごで我が家にやって来た。
20210525_091203.jpg

ユズの木を買ってきて、しばらくしてびっくり!
「鳥の糞が動いた!!」
20210503_104907.jpg
これが、ゆずことの出会い。

5日後、少し大きくなりました♪
20210508_163359.jpg

この日のウンコ♪ コロコロしていてかわいいね。
20210507_101838.jpg
そっと手のひらにのせると、○○○の香りが!!ひらめき
さて、○○○の中に入る言葉はなんでしょうか??
ヒントは果物の名前だよひらめき

ユズの新芽も花芽も全てゆずこの栄養にして、ゆずこはモリモリ成長したよ手(グー)


目に見えるのは、実は敵を驚かせるための模様。
20210512.jpg
本物の顔分かるかな?↑

そして、数日後、ゆずこはじっと動かなくなりました。
20210513_080722.jpg

そう!蛹になったのです。
20210523_100829.jpg

2週間ほどして、出てきたゆずこ!立派な夏型のナミアゲハでした。
20210525_113405.jpg
少しだけ写真を撮らせてもらって、逃がしました。


20210525_084828.jpg
ユズの木はいまだ植え替えるられることもなく、買ったときのまま
蛹の抜け殻をつけて大きくなりたいな〜と植え替えを待ち望んでいるのでした。
※今週末植え替え予定です(●^^●)

東京都や練馬区のイベント開催方針に沿いながら、来週中に開講日時をこちらのブログで掲載予定です。
人数制限もありますので、こまめにHPをチェックしていただけると嬉しいです。

2021年05月26日

ミツオさんのぶどう達は、花から実へ

今日は、ミツオさんのぶどう畑(みやべぶどう園)からお届けしますNEW

RIMG1453.JPG
ゴールデンウイークに咲き始めたぶどうの花もそろそろ終わり。

ミツオ先生は、シャインマスカットの副芽切りを行っていました。
シャインマスカット.JPG

シャインマスカットは開花時期が比較的遅い方なので、調度満開を迎えています。
シャインマスカット花.JPG

そして、本日のおすすめ!“ゴルビー”ですひらめき
ゴルビー1g.JPG

赤玉の大粒品種のゴルビーは、花が終わり、まん丸の青い実がなっていました。
ゴルビー3.JPG
花穂整理の過程で、枝に近い花は切り落とされ、先の方10p弱になっています。
青い実の一粒一粒は、5o弱。これから丸々太っていくのがとても楽しみです

そして、個人的に大好きなのが“幹”。害虫防除の目的で樹皮が剥かれた肌は「筋肉隆々」といった雰囲気。
ゴルビー2.JPG
なんだか“首長竜”を彷彿させませんか?(●^^●)
posted by みどりちゃん at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう畑のミツオさん

2021年05月19日

オンライン授業発信はじめました!

今日は、朝から涼しい体感ですね。
子ども達が走り回るにはちょうど良いお天気でしょうか(●^^●)

本日はお家で楽しめるみどりの動画を板橋区の皆さんと作りましたのでご紹介しますNEW
オンライン赤塚植物園チラシ.jpg

舞台は、板橋区立赤塚植物園。入口のユリノキが目をひきますね!
RIMG0009.JPG
「爽やかな風が運ぶ、森のおとしものを探してみよう!」を合言葉に、3名の子ども達と園内の森を探検しました手(グー)

ユリノキの根もとに‥
RIMG0007.JPG
何か落ちてる!!‥‥続きは以下のチャンネルで☆↓

板橋区公式YouTube「チャンネルいたばし」リンクはコチラ
 https://youtu.be/9mSvMV88ejE
ぜひ、見てみて下さいね!!
次の日曜日は、晴れ予報晴れ絶好のお散歩日和になると思いますので、楽しむヒントにしてみて下さいひらめき

動画には出ていませんが、常緑樹のシラカシ(ブナ科)の新葉“葉っぱの赤ちゃん”も、
風に飛ばされて足元に見つかりました。ちょっぴり赤みがかってかわいいですよね。
RIMG0037.JPG
posted by みどりちゃん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前授業

2021年05月18日

“出張きらら”続編〜初夏の森〜

昨日の“出張きらら”の続編です(●^^●)

ローズガーデンを後にし、四季の香公園の橋を東へ渡ると、静かな“森”の入口。
隣接する団地の敷地から生えるビワの木はたわわに実が実っています。
ビワ.JPG

まだ青いビワの実たちが目線の高さでよく見えます。
ビワ実5.10.JPG
剪定されたためか日焼けを起こしているようですが、夏に向けて色づいてくるのが楽しみですね晴れ

その先のユリノキ(モクレン科)には沢山の花がついています。
ユリノキ.JPG
歩道橋の反対側には、モクレン科の樹木を集めたマグノリア園があります。
春先はコブシやモクレンで賑わっていましたが、初夏の花、ユリノキも見逃せないですよ!

背の高い木ですが、橋の上は、枝先も見やすい絶好のポイントひらめき
DSCN2971x.jpg
英名のチューリップツリーが、ぴったり!のかわいらしい花です。
※写真提供:当会会員高橋氏

先に進むと、梅雨のジメジメをリフレッシュさせてくれるような白い花シリーズが
エゴノキ・ヤマボウシ.JPG

園路に薄っすら雪が積もったみたいぴかぴか(新しい)
エゴノキ花2.JPG
エゴノキ(エゴノキ科)の花です。
白い星の様にも見えてとってもきれいな花です。
そろそろ花もおしまいですが、実も特徴的なので、結実したらまたお届けしますね。

続いて、満開を迎えているのがヤマボウシ(ミズキ科)。
ヤマボウシ全景.JPG
白い花が満開!
ヤマボウシ花.JPG
‥の様に見えますが、実は白い部分は総苞片(そうほうへん)という葉が変化したもの。

よーく見てみて!真ん中の丸い部分は小さな花の集まり。
ヤマボウシ花3.JPG
小さな雄しべや雌しべが見えるかな??

梅雨入り前ですが、雨模様が続きますが、雨のやみ間に、ちょっとお散歩してみてください。
初夏の花が爽やかな気持ちにしてくれること間違いなしです(●^^●)
posted by みどりちゃん at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと

2021年05月17日

出張きらら続編

今日は、毎年恒例になっている、豊玉障害者地域生活支援センターきらら主催の屋外講座、“出張きらら”に出前授業してきました!
RIMG1443.JPG
梅雨入りの近づきを感じさせる空模様曇りでしたが、風は心地よく、総勢9名で、練馬区立四季の香公園を目指しました。

途中、光が丘公園のケヤキ、イチョウ、クスノキの新緑や、サツキの花、街路樹のコブシの青い実など、初夏の樹木の様子を楽しみながら‥

四季の香ローズガーデンに到着!
RIMG1433.JPG

ガーデナーさんから新設されたガーデンエリアのお話を伺いながら、初夏のバラやハーブの香りをたっぷり楽しみましたよかわいい
RIMG1432.JPG

緊急事態宣言に伴い、時間を短縮しての開講だったため、四季の香公園の奥の方まで散策することができませんでした。
残念ながら散策できなかった分、初夏の“公園の森”の様子は、明日こちらのブログでご紹介したいと思います!
お楽しみに!!
posted by みどりちゃん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前授業

2021年05月11日

ミツオさんのぶどう達〜5月のぶどう畑より〜

東京・練馬は曇り空曇り。ちょっと涼しい体感ですね。
今日は、ミツオさんのぶどう畑※から皆さんに元気を届けたいと思います!手(グー)
※東京・練馬区谷原にある『みやべぶどう園』。2019年12月に行われた世界都市農業サミットに私達NPOと一緒に参加し、練馬の農業の魅力を世界に発信しました。

覚えていますか?畑のメインツリーの『藤稔(ふじみのり)』
2021.5.5.JPG
今年も元気に葉を茂らせ、花穂が出てきました!
ミツオ先生が「出始めの花は上へ上へと立ち上がるんだよ。」と教えてくれました。

確かに!その通り!!
2021.5.5立ち上がる花穂.JPG
お日様に向かってグーンと伸びている花たち!
見ていると元気がもらえそうですね(●^^●)

ですが、そのままでは、美味しいぶどうを育てることはできませんあせあせ(飛び散る汗)
2021.5.5-2.JPG
ミツオ先生はそれらの花付き枝を折らないように、そーっとそーっとぶどう棚のワイヤーに固定します。
「上手くいったと思っても、風にあおられて折れてしまうこともあるんだよ。」と苦労話も聞かせてくれました。

一昨年の体験教室で、みんなで剪定したシャインマスカットたちも元気に枝葉を伸ばしていました。
2021.5.5-3.JPG
2018年2月↓
DSCN0414.JPG
DSCN0481x.jpg

ミツオ先生は、8月中旬頃の収穫期まで、ぶどう達のお世話に付きっきり。
コロナ禍で自粛がつまらないと思っている暇もないそうです。
みなさんも美味しいぶどうを楽しみに…夢中になれるものを見つけて、充実した時間を過ごしてもらえたらいいなと思っています。
先生達も、微力ながら、ブログや通信などを通してサポートしますね(●^^●)
posted by みどりちゃん at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう畑のミツオさん

2021年05月10日

森のようちえんの先生たちの発見紹介〜5月の原っぱ編〜

昨日の東京・練馬は夏日晴れ大汗をかきながら公園で遊んでいただお友達も多かったのではないでしょうか?

先週に引き続き、森のようちえんの先生達の発見を紹介するよ!
週末に公園で見つけた昆虫や植物の答え合わせにもなるかな!?
今日は、ひらけた原っぱ編です。

13.ナナホシテントウとヤブジラミ.JPG
「知ってるよ〜」って声が聞こえてきそう。
そう、ナナホシテントウ(テントウムシ科)です。
最近、テレビの色々な生き物番組で、取り上げられていましたね。

テントウムシがとまっていた植物にも注目してみて!
ヤブジラミ.JPG
よーく見ると小さくてかわいい白い花が咲いています。ヤブジラミ(セリ科)です。
花の後できる実には、細かな毛が生え人や動物にくっついて運ばれる“くっつき虫”です。
よく似た種類もあるので、引き続き観察していきたいと思います☆

続いて、スリムなテントウムシを発見!?
ヒメジュウジナガカメムシ.JPG
いえいえ、違います〜
カメムシの仲間の、ヒメジュウジナガカメムシ(マダラナガカメムシ科)です。
綺麗な模様ですよね。

今の時期、様々な植物たちの花のシーズンでもあります。
黄色の花シリーズかわいいということで、2つ紹介します。

まずは、こちら!コウゾリナ。
14.コウゾリナ.JPG
花をアップにするとなんとなくタンポポに似ているのは、同じキク科だから。

でも、うっかり手を出すと、びっくり!
14.コウゾリナ葉.JPG
チクチクした毛がびっしり生えています。
漢字で“顔剃菜”と書くこともあります。

続いてはコチラ。コメツブツメクサ(マメ科)です。
15.コメツブツメクサ.JPG
漢字で書くと“米粒詰草”。どのくらい“米粒”なのかというと‥

このくらい!‥分かりにくいかな^^;
きよこ先生の足元一面に咲いているのがそうです。
15.コメツブツメク2.JPG
光が丘公園のサービスセンター入口の門近くに咲いているので、
ぜひ虫眼鏡を持って行ってみてね。
マメ科の植物なので、花が終わると小さな小さな豆をつけます。
こちらも、引き続き観察してきたいと思います!

最後に、木の花をもう一種。
森のようちえんでお馴染みのセンダンの木にも蕾が沢山付いていました!
センダン蕾.JPG
覚えているお友達もいるかな??
木の下で色々な工作をしましたね。
DSCN1973.JPG
2020年2月
DSCN1257.JPG
2019年6月

木や草、植物たちは自分では動きませんし、なかなかその面白さが分かりにくいかもしれません。
でも、ちょっとしたきっかけで、その魅力に気づくことができます。
そして、その場所でいつでも待っていてくれるのも魅力の一つです。
ぜひ、先生たちのお話で、「おもしろいな〜」、「また会いにいってみよう!」って思ってもらえたら嬉しいです(●^^●)

2021年05月07日

林縁で出会った生き物たち

お待たせしました!初夏の森探検を続けましょう手(グー)
今日は、公園の雑木林の縁を歩きます。

高橋先生がコナラの木の葉の上に何か見つけたようです。
10.ワカバグモ.JPG
きよこ先生と一緒に、よーく探してみると‥目

10.ワカバグモ2.JPG
いました!ワカバグモ(カニグモ科)!
いわゆる“クモの巣”を作るのではなく、葉の上などで獲物を待ち伏せして捕まえるタイプのクモです。
頭や胸、足の付け根が赤みを帯びていて、成熟したオスのようです。
赤みを帯びた木の新芽のようにも見えますね。

つづいて、強くなってきた日差しを避けるようにムクノキの幹で休んでいるケムシを発見!
マイマイガ幼虫.JPG
マイマイガ(ドクガ科)の幼虫です。
鮮やかな色をした大型のケムシなので、貫禄がありますね〜
チャノキやツバキなどに付くチャドクガほど強い毒ではないなので、そっと見守ってあげて下さいね。
この時期に大量発生するイモムシ・ケムシたちは、子育て期の鳥たちの大切な食料になりますので。

その鳥たちから逃れるように、擬態する仲間にも出会いました!
12.エダシャクの仲間.JPG
どこにいるか、わかるかな〜??

12.エダシャクの仲間2.JPG
エダシャクの仲間(シャクガ科)、ヤマトエダシャクかなと思います。
いわゆる、“尺取虫(しゃくとりむし)”ですねひらめき
近くのクヌギの木から落ちてしまったのでしょうか。
一生懸命擬態していましたが、残念!そこは外灯の柱だよもうやだ〜(悲しい顔)
ユーモラスでとてもかわいらしかったです(^^)

園路脇に、古くなって読めなくなった看板を見つけました。
撤去しちゃえばいいと思うでしょ?
でも、ある生き物たちにとって、これが恰好のエサ場になっているのです。
11.カタツムリ.JPG
よーく見てみて!
くねくねと、何かが“はった”ような跡があるのが分かるかな?
雨のあと、看板に生える苔をカタツムリやナメクジたちが食べに来ているのだよ、と高橋先生。
今度は雨上がりに来てみようっとるんるん雨

スダジイ雄花.JPG
林がひらけたところでは、スダジイの雄花が満開でした!
おぼえているお友達もいるかな?秋に炒って食べたおいしいどんぐりだよ!
来月は、小さい小さい“赤ちゃんどんぐり”が見られるのではないかと思っています。

次回は、明るくひらけた原っぱで出会った動植物たちを紹介します(●^^●)

2021年05月06日

開園迄もう少し待っていてね! 森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜

爽やかな風が吹く季節になりましたね!
昨年度、事務局の出産に伴いお休みしていた『森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜』ですが、今年度は開園します!
緊急事態宣言発令に伴い、まだ開園のご案内ができずにいますが、先生達は元気です手(グー)

先日練馬区内に住む先生達で、探検コースを巡りましたので、発見の一部を紹介します!

都立光が丘公園サービスセンター前を出発!して早々、生き物博士の高橋先生が看板の下に目を付けました目
1.スズメの砂浴び場?1.JPG
生き物はいなさそうに見えるけれど…
2.スズメの砂浴び場?2.JPG
「スズメの砂浴び」の跡かもしれないな〜とのこと!!
スズメたちは、羽についた虫を取ったり、羽を乾かしたりするために“砂浴び”をします。
看板下の土のくぼみがちょうどスズメたちのサイズになっていたので、推理できたそうです。おもしろいですね!!

続いて、森の入口で発見!
3.イロハモミジ翼果.JPG
イロハモミジの種(翼果)できて間もない種は赤っぽい色をしています。
これから緑色になり、夏に栄養をたくわえていきます。

サクラだけが木の花はありません!目立たないけれど可愛いつぼみが森にはたくさんありますよ!
4.クスノキつぼみ.JPG
となりのトトロにも出てくる木、クスノキのつぼみ

5.ヤブニッケイつぼみ.JPG
ヤブニッケイ※のつぼみ(クスノキの仲間です)
6.ヤブニッケイ新葉.JPG
赤くてかわいいヤブニッケイの新葉も出ていました。

雑木林を進んでいくと、森のようちえんではお馴染みの・・分かるかな??↓
7.クヌギカメムシ幼虫.JPG

8.クヌギカメムシ幼虫.JPG
クヌギカメムシの幼虫を発見!この個体は赤色をしています。
9.クヌギカメムシ幼虫.JPG
成長が進んだ個体も。↑このように緑色になっていきます。(でもまだ幼虫)

このあと、様々な昆虫たちが出てきます。
続きはまた明日!お楽しみに!!
みどり(●^^●)