2015年05月02日

街並みサクラ探検隊2015

ゴールデンウィーク初日、とても爽やかな気候ですね。
都内はすっかり初夏の雰囲気ですが、今回の街並みサクラ探検隊※は
群馬県の妙義山さくらの里に行ってきました。
標高が700〜800m付近に広がるさくらの里では、ヤエザクラが満開!
妙義山の荒々しさに負けない存在感で、力強い美しさを感じる風景を観ることができました。
RIMG0193.JPG

サクラの解説は、すっかりお馴染み!のサクラの名医、和田博幸理事(樹木医)です。
RIMG0181.JPG
(青空の下、爽やか!!)

園内でも一際目立つのが、“桜あんぱんのおへそ”でも知られる『カンザン(関山)』です。
一つの花には濃い桃色の花びらが20〜50枚もあるといわれ、抜群の存在感。
RIMG0187.JPG

昼食は、地元の郷土料理を満喫!
RIMG0204.JPG
ご飯のお供についていた“山椒味噌”が木の芽の香り豊かで、隠れた名品!でしたよ。

最後に、甘楽町にある織田家ゆかりの、国指定名勝 楽山園(らくざんえん)という庭園を散策しました。
RIMG0216.JPG
紅葉山(もみじやま)、南方の連石山(れんせきざん)、熊倉山(くまくらやま)などの山並が借景として取り込まれ、その壮大なスケール感に、織田家の威厳と風格を感じることができました。

今回は車中で、和田理事のサクラの解説の他に、茶道の教授にもご参加いただいていたため、流派を超えた“お茶の心”も学ぶことができました。
素敵なご縁のおかげで、日本の良さを再認識できる会になり、感謝でいっぱいの一日となりました。
みどり(●^^●)

※街並みサクラ探検隊
身近な街並みにある普段気付かない良さを知ってもらいたいと始めた同企画。
団体設立当初から数えて、10回を超えました!
近年、少し足を延ばして、関東近郊の(隠れた)桜の名所を巡り、みどりの良さを再発見する会となっています。
posted by みどりちゃん at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125649564

この記事へのトラックバック