2018年12月07日

街並みもみじ探検隊で地域の人とみどりがつながりました

季節はずれの暖かさの次は、冬の雨!
コロコロ変わる気候に、生き物たちもびっくりしているのではないかと思う今日この頃
皆様お変わりありませんか?

12月の最初の日曜日は、冬の寒さとなりましたが、
欠席無しで、今年も街並みもみじ探検隊行うことができました!

RIMG1815.JPG
都立光が丘公園のケヤキ広場からスタート

RIMG1817.JPG
三角錐のイメージが強いイチョウの木ですが、
自然樹形は丸みを帯びています。豊かな広がりを感じさせますね。

RIMG1828.JPG
実は過酷な環境!?で暮らしているトチノキ。彼らにとって都内は乾燥しすぎています。

RIMG1830.JPG
鮮やかな緋色が特徴的なヒイロタケが発生しています。
それでも、台風にも負けなかった生命力に脱帽です。
みんなで見守っていきたいものです。

DSC_1950.JPG
今年の秋の台風で倒木したケヤキの切り株。
腐朽のが進行していた様子や、それでも、支える材が発達してがんばっていた様子を
和田先生と一緒に紐解きました。

DSC_1953.JPG
和田先生の十八番!サクラの話は秋にも登場!
今都内でも問題になっているサクラの“増生病”。枝にコブができ、その先が弱ってきます。
今のところ、まだよい解決策は見つかっていません。

街の木たちの現状を知り、彼らへの関心がますます高まりました。

DSC_1962.JPG
最後の方で、サクラやノイバラが生えているのオオムラサキの株に出会いました。
3種が一緒につながりあって生きています。

最後、懇親会の場を設けました。
この日の参加者は、実はそれぞれ地域の中でつながりあっていたということが分かり
みなさんの顔が笑顔になる場面もたくさん見られ、来年につながるとてもいい会となりました(●^^●)
posted by みどりちゃん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み探検隊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185152549

この記事へのトラックバック