2021年06月28日

たのしかったね!第一回森のようちえん♪

手(グー)東京・練馬では、朝から久しぶりの青空が広がっています晴れ
昨日日曜日に行われた、第一回森のようちえんも台風が少しそれてくれたおかげで
無事行うことが出来ました。

公園の雑木林では、樹液が出ている木がいっぱい!
RIMG1444.JPG
クヌギやコナラ、シラカシなどの樹皮にカナブンが“鈴なり”になっている様子に釘付け目

今回初めての試みとして、オンラインプログラムを行いました。
諫早市こどもの城、主任専門員の福薗恵子さん“通称ウンコロジストふくちゃん”の
スペシャル授業「ケムシとウンコの環境教育」
イモムシ・ケムシとそのウンコに加え、今回はカメムシの魅力も伝えてもらいました。
DSCN5346x.JPG

ふくちゃんの目からウロコ!のお話と、桜餅そっくりのウンコの香りまで!体感できる特別教材で、大人も子どもも、自然界の“キラワレモノ”達への眼差しが、少ーし変化してきたようです。
InkedRIMG1446_LI.jpg
両手でグーで手(グー)「イモムシポーズ♪」手(グー)

「コスズメ(蛾の仲間)のイモムシ、“しっぽ”がぴょこぴょこしていて可愛いな黒ハート
RIMG1451.JPG
バードサンクチュアリ入口のネムノキで、“ナガサキアゲハ”を発見!
ふくちゃんから教えてもらったチョウだったね!!

元々九州に生息するチョウが練馬でも見られるようになったのは、気候変動の影響も心配され、手放しでは喜べません。
それでも、コロナ禍で直接会えない先生との繋がりを実感できたことは、少し嬉しい一幕でしたよ(●^^●)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188796924

この記事へのトラックバック