2022年06月15日

ごみ拾いを通じて海とつながる“プラごみバスターズ@練馬”全三回終了!

毎月15日 #あしもとから の日=ごみ拾いの日ひらめき
地球環境の未来のために、まずは自分ができることをしよう!という日です。
#あしもとから6.5.jpg
(一社)日本環境NPOネットワーク有志を中心とした環境活動を行う仲間が始めた試みです。
本ブログ、みどりちゃんの散歩道でも、今月から発信していきたいと思います!

6月15日の今回は、タイトルにもなっている、当会初のごみ拾いイベント事業“プラごみバスターズ@練馬”の実施報告も兼ねたいと思います^^
5月15日、5月29日、6月5日の三日間かけて、海、川、街の森のごみ拾いを練馬・板橋に住む小学生親子と大学生ボランティアさん他、延べ95名と行いました。

きっかけは、「海のない練馬に住む私たちにとって、海洋プラスチック問題は自分事として考えにくい」という言葉からでした。

本当にそうかな‥ 地図でみると、とんでもない!
荒川水系PP用.jpg
荒川水系を通して、練馬の街のごみは、海へと流れ込んでしまうことが分かりました!
そこで、有志が集まり、ごみ拾いスタート!
NPO1.jpg
スタートの第一回は、都立葛西海浜公園の西なぎさ
なぎさのクリーンナップ活動を行っている環境団体、DEXTE-K代表橋爪慶介さんが、なぎさの自然環境やプラごみの先生をして下さいました。
NPO2.jpg
(遠くに見えるのは、“夢の国”ディズニーリゾートです。)

当日は、大潮。ちょうど干潮時刻と重なったため、干潟で遊ぶ来園者も多数いました。
その足元には、無数のマイクロプラスチックごみが‥
NPO3.jpg
みんなで、5o目のふるいを使って採取してみました。
IMG_4235_s.jpg
マイクロ化されて、原型が全く分からないものもありましたが、洗濯ばさみのかけらや、某有名アイスの容器の蓋、ラムネ瓶の栓などなど‥子どもたちにも馴染み深いごみも多く、親子で問題を実感していました。

そして、練馬とつながる、荒川の河口へ
NPO4.jpg
「とっても広いね!!」

護岸のコンクリートブロックの隙間には、マイクロ化される前のごみが無数に引っかかっていました。
RIMG1544.JPG
奥に入り込んでしまって手が届かないものも‥
RIMG1547.JPG

一時間あまりにも関わらず、皆で拾ったごみは、45ℓごみ袋11袋分!
「がんばったね!!」
NPO5.jpg
橋爪先生が、#あしもとから Facebookに上げて下さいました。

また、なぎさには繫殖期を迎えた野鳥たちがたくさん集まっていました。
変換 〜 DSCN5536.jpg
婚姻色のサギたちの向こうには‥
変換 〜 DSCN5529t.jpg
南半球から渡ってきた、アジサシやコアジサシたちがたくさん!!
RIMG1552.JPG
森のようちえんの昆虫博士でお馴染み、日本野鳥の会の高橋先生が図鑑も使って教えてくれました!
ごみ拾いをしながら、なぎさの魅力を満喫しましたぴかぴか(新しい)

続いて‥第二回は、川のごみ拾い!
荒川水系一級河川の白子川源流(練馬区立大泉井頭公園内)で、ごみ拾いを行いました。

初めての胴長にやる気満々!
RIMG1594.JPG
当日はとっても暑かったので、胴長履かずに頑張るこも^^;

外気温は30度超でしたが、川底いたるところから、水が湧いていて、川の中は見た目以上にひんやりしています。
RIMG1568.JPG
“湧水”

この素晴らしい自然を守り伝えている白子川源流・水辺の会の皆さんが、講師として川の歴史や環境、川の生き物たちのことを丁寧に教えて下さいました。
変換 〜 DSC_2851.jpg

RIMG1595.JPG
網を入れると、ヌマエビや魚の稚魚がたくさん!

ちょうど、大雨の後だったこともあり、ごみは少なめ。
高学年生たちは「川に流れてしまったんだね‥」とちょっと悲しそうでしたが、
その代わりに、外来種捕獲(アメリカザリガニ)と、増えすぎてしまっている水生植物撤去(ウキヤガラ撤去)を行いました。
RIMG1584.JPG
アメリカザリガニ

↓水生植物“ウキヤガラ”。一株がこんなに、増えて、水面が見えなくなってしまっているのです。
RIMG1574.JPG

葉で手を切らないように軍手をして、一生懸命がんばりました!
RIMG1601.JPG

「たくさんとれたね!」
プラごみバスターズA白子川.jpg

この回ご協力いただいたのは、同じ練馬区内で活動している3団体のみなさまぴかぴか(新しい)
白子川源流・水辺の会
ねりまキッズボランティア
武蔵大学ボランティアサークルA't(アット)
変換 〜 DSC_2862.jpg
暑い中、早朝から本当にありがとうございました!
練馬区内で素敵なつながりがまた一つ増えました!!

そして、最後の第三回(最終回!)は、私たちの活動のメインフィールドである都立光が丘公園の森で、ごみ拾いを行いました。
プラごみバスターズ@練馬第三回.jpg
梅雨入り前、最後の日曜日で、青空が広がりとっても気持ちがよかったです。

ごみを探していたら、ぴょこぴょこと動くものを発見!
生き物観察.jpg

変換 〜 220605アズマヒキガエル雑木林光が丘011.jpg
アズマヒキガエルの赤ちゃんでした。
(卵は水の中ですが、卵からかえると、森の中で過ごします。)

頭の上には‥
変換 〜 220605エサキモンキツノカメムシ抱卵もみじ広場光が丘009.jpg
卵を抱く、エサキモンキツノカメムシのお母さん(メス)。

身近な公園の森で、自然の豊かさも実感できました!

最後に、全三回参加してくれた子どもたちへ“感謝状”を贈りました。
DSCN8046p.JPG
一枚、一枚、その子その子に合わせた特注品☆写真がそれぞれ違います。
感謝状.jpg
家族の思い出と、今後の学びや行動のきっかけにしてもらえれば嬉しいなと思っています(●^^●)

全三回分、最後まで読んで頂きありがとうございました!
みなさんも、 #あしもとから #ashimotokara 始めてみませんか??
posted by みどりちゃん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プラごみバスターズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189603449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック