2022年12月21日

たのしかったね!12月の森のようちえん

今週末は、子ども達が待ちに待ったクリスマス!
冷え込みも増してきましたが、元気にサンタクロースを迎えたいところですねクリスマス

12月の森のようちえん、気持ちの良い冬晴れの下、無事開催することができました。
変換 〜 DSCN6745p.jpg
お休みが少し多かったものの、元気な親子が光が丘公園のすすき原っぱに集合!
センダンの実が黄色に色づいてきたのが遠目にも分かりますね。
221211すすき原っぱ光が丘034.jpg

まずは、そのセンダンの木の上にハラビロカマキリとヒメクダマキモドキを小学生リーダー達が見つけてくれました。
DSCN6714 ハラビロカマキリ.jpg
「どこどこ!?」「産卵準備中かな??」とみんな夢中になって観察。
221211ハラビロカマキリすすき原っぱ中光が丘010トリ.jpg
ハラビロカマキリ

DSCN6716tp ヒメクダマキモドキ.jpg
ヒメクダマキモドキ

その後、原っぱとその周りを探検。
DSCN6750.jpg
黄色に色づいているのがアキニレの木。翼をつけた風で飛ぶ種をつけています。
221211アキニレ実すすき原っぱ中光が丘027.jpg
足元には、飛ばされて落ちた種たちが。
221211アキニレ実雑木林光が丘033.jpg
「先生は目玉焼きに似てると思うんだけど^^」というと、「ほんとだー!!」とお母さんお父さんと一緒に夢中で探してくれる様子がとても可愛らしかったです。

続いて、クヌギの冬芽トンネルをくぐり、どんぐりの森へ。
DSCN6761p.jpg
途中、大きなクヌギの枝先にオオカマキリの卵を発見!
221211オオカマキリ卵鞘すすき原っぱ西光が丘007.jpg

こんなのもいたよ!
DSCN6763p アズチグモ.jpg
アズチグモの♀。カニグモ科の仲間です。
白く美しいその身体は、森の“雪ん子”をイメージさせ、なんとも可愛らしいです。

広葉樹の森を抜け、針葉樹の森&芝生広場へ。
221211ヒマラヤスギ&ケヤキ芝生広場光が丘067.jpg
ヒマラヤスギの雄花や松ぼっくりの観察しました。
雄花は、まるで毛虫のよう!
221211ヒマラヤスギ落雄花芝生広場光が丘038.jpg
地面一面に広がっていて歓声が上がりました。
221211ヒマラヤスギ落雄花芝生広場光が丘050.jpg

森探検のあとは、お待ちかね!くらちゃん先生による森の工作教室☆
221211ドイツトウヒ芝生広場光が丘053.jpg
ドイツトウヒの前で拾ったヒマラヤスギの松ぼっくりの欠片などを使って
Xmasオーナメントを作りました。
みな夢中で、お母さんお父さんと一緒に楽しそうに作っていましたよ。
DSCN6814p.jpg

小学生リーダー達も、くらちゃん先生の“助手”として張り切ってお手伝い手(グー)
DSCN6805p.jpg

最後、作品を胸にして記念写真をパチリ。
変換 〜 DSCN6818p.jpg
いつもより沢山歩き、みんな本当によく頑張りました!

来月1月は冬休み雪
次回の森のようちえんは、2月26日㈰10:00-11:30 です。

早春の森探検 &“本物の粘土”を使ったテラコッタ陶芸プチ体験♪
毎年大人気のスペシャルプログラムですひらめき
年明け、5日前後に申込スタートします!どうぞお楽しみに!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190002348

この記事へのトラックバック