2022年05月23日

6月の森のようちえん残席わずかです!

森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感!〜2022
開園まであと2週間を切りました!!
残席あとわずかです。参加ご希望の方は、お早めにお申し込み下さいsoon
フォームご入力後、参加費のご入金が未だの方もお早めにひらめき

第一回森のようちえん2022.6.5チラシ.jpg
●第一回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜2022
日  時:6月5日㈰ 9:00〜10:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園バードサンクチュアリ前“昆虫原っぱ”
対  象:幼児※〜小学校低・中学年とその保護者 ※対象は3歳以上ですが、ご希望の方はご相談下さい。
参加費:親子2名一組2000円(追加:子ども1500円、大人500円)

“どんぐりのあかちゃん”が待つ、初夏の森を探検します。
森の木や生き物達を親子で楽しく学べますよ♪

申込フォームは★コチラ★

※申込手順※
@フォーム入力。
A以下、ゆうちょ口座に参加費入金。

○参加費振込先○
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  
※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
 口座名義:トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
B登録メールに担当者から、申込完了メールが届きます。

2022年04月13日

ふりかえってみよう!森のようちえん3月♪

東京・練馬は汗ばむ日が続いています。
あっという間に、初夏の気候ですね!!

ちょっと遅くなってしまいましたが、3月の森のようちえんの様子を振り返りたいと思います。
まだ半月ほどしか経っていないのに!と、森の様子に驚くこと間違いなしですよ目

2022年3月27日日曜日。
2021年度最後の森のようちえん。花曇りの空の下、元気な親子26名が集まりました。
変換 〜 DSCN1021p.jpg
森のようちえんの“メインツリー1号”のクヌギの木。
うっすら色づいているのは、新葉と雄花が開き始めてきたから。

近くで見るとこんな感じ‥
RIMG1530.JPG
小さなトウモロコシ??の様に顔を出しているのが、丸いドングリがなるクヌギの木の雄花(おばな)です。

「森探検に出発進行!」と出発したすすき原っぱ(昆虫原っぱ)の足元には、顔を出したツクシたち。
変換 〜 DSCN0926.jpg

原っぱを進むと土がモコモコ盛り上がっています。
変換 〜 DSCN0890 クロヤマアリの巣.jpg

「なんだろう!!」気になる子ども達
変換 〜 DSCN0939.jpg
昆虫博士の高橋先生が、「クロヤマアリの巣だよ」と教えてくれました。
あたたかくなり、虫たちの活動が活発になってきていることを実感!
「どんな生き物たちに会えるかな〜?」と期待が膨らみます揺れるハート

雑木林の中は“花盛り”!
変換 〜 DSCN0976p.jpg
頭の上にぶら下がっている、ケムシみたいなものが‥

RIMG1531.JPG
実は、木の花!クマシデの雄花(おばな)です。(雌花が目立ってくるのはもう少し先なんです)

そして、雑木林の足元には、エノキの実生(幼木)たち。
子ども達の小指程の細い幹をよーく見てみると‥サーチ(調べる)
変換 〜 DSCN0945.jpg

いました!いました!!
002 ゴマダラチョウSP アカボシゴマダラDSCN0362.JPG
アカボシゴマダラの幼虫が!
外来の蝶の幼虫(日本に昔からいる在来種は、ゴマダラチョウ)なのですが、春先の森の観察で見つけるとやっぱりちょっと嬉しくなってしまう、森の住人です。

そして、年度最後の森の工作教室は、森で拾った“宝物”を使って“森の思い出レイ”作り。
変換 〜 DSCN1039p.jpg
“宝物”は、人それぞれ!
どんぐりだったり、落ち葉だったり、食べられる野草だよ!と習った“ノビル”を入れていたお友達も☆

世界で一つだけの素敵なレイが完成!
IMG_20220327_112557.jpg
探検頑張って、疲れてしまった弟の頭に。とっても可愛いですね^^

森のようちえんの“メインツリー2号”のセンダンの木も、3月末時点では裸ん坊。
変換 〜 DSCN1050.jpg
あれから、半月経った今の様子は、どうなっているかな??
明日から少し季節が早春に逆戻りするようですが、週明けの変化は更に大きいと思いますよ!
雨上がり、ぜひ足を運んでみて下さいね!

2022年03月26日

明日は、今年度最後の森のようちえん!

東京・練馬は春の嵐のようになってきました。
明日朝は、嵐のあとの爽やかな空が広がるといいなと祈っています。

雨天バージョンのプログラムになる際は、練馬区立光が丘図書館視聴覚室集合に変わります。
その場合は、こちらのブログで朝7時までにお知らせしますので、ご確認お願いします。
(いつものように、昆虫原っぱセンダンの木下(光が丘公園バードサンクチュアリ前)スタートになる場合は、特に記載はしません。)

季節の変わり目、お支度も大変と思いますが、とってもよい季節なので、
春の森探検、みんなで楽しみましょうね!!(●^^●)

「にょきにょき〜!」これなーんだ??
RIMG1528.JPG

2022年03月17日

身近な森に春の足音が聞こえてきました!

東京・練馬は、今日も良いお天気晴れ
動き回ると汗ばむほどですね!
明日は、一気に冬に逆戻りしてしまう予報なので、その前に2月の森のようちえんで見つけた“春の足音”を振り返りたいと思いますひらめき
2テラコッタ教室全景.jpg
2月27日当日、晴天に恵まれました!
集合場所は、すっかりおなじみの光が丘公園、大きなセンダンの木の下。
たくさんなっていた実もすっかりなくなっていました。
どこに行ったかというと‥
2変換 〜 DSCN8547p ヒヨドリ.jpg
↑ヒヨドリのお腹の中!‥から、今は出て、公園や街のあちこちに種が撒かれて(蒔かれて)いることでしょう。センダン母さんの戦略ですね^^。

2月の森探検は、虫眼鏡を手に、樹木の枝先に注目!
冬芽と葉痕(ようこん)を観察しましたサーチ(調べる)
まおちゃん1.jpg
小学生応援団のお姉さんと一緒に、イロハモミジの真っ赤な冬芽を観察!
「ろうそくの火みたい!」「小さくてかわいいね!」とあちこちから声が上がりました。

続いて、雑木林のクヌギの樹皮の割れ目に、何かを発見!
変換 〜 IMG_9847.jpg
その名も、クヌギカメムシの卵!
5変換 〜 クヌギカメムシ卵0202 2019.jpg
「甘エビの卵に似ていませんか?」というと、
「ほんとだ!!」とお父さんお母さんたち^^。

よーく見ると、孵化(ふか)しているものも!
6変換 〜 DSCN8548 クヌギカメムシ.jpg
分かるかな‥?黄緑色をした丸いのが、幼虫です。
クヌギの木の芽吹き前に孵化する幼虫たちの最初のご飯は“卵の殻”(とても柔らかいです)
クヌギカメムシの赤ちゃんたちが食事をしているところだったんですね。

最初は、卵と幼虫、見分けるのが難しかったみたいですが、だんだん目が慣れてくると、子ども達の方がとっても上手!林のあちこちで、「ここにもあったよー!」という声が聞こえました。

中には、木の根元で、息絶えたクヌギカメムシ母さんを見つけた女の子たちも。
8変換 〜 クヌギカメムシ成虫.jpg
「死んでしまうと臭くないね。」と優しく手のひらのせている様子がとても素敵でしたぴかぴか(新しい)

そして、2月の森のようちえんのもう一つの目玉目
毎年大好評の“本物の粘土を使ったテラコッタ陶芸プチ体験”るんるん

練馬区高松にある素敵な園芸店、庭樹園(ていじゅえん)グリーンテラスの杉下先生がスペシャルゲスト講師として来てくれました!
講師紹介1.jpg
出発前に「粘土の板に、森の木の実や小枝を使って、模様を付けるよ!素敵な“森の宝物”拾ってきてね。」とお話しがあったので、みんな忘れずに拾っていましたよ手(チョキ)
丸山くん2.jpg

センダンの木の下が、素敵なテラコッタ教室に!
3テラコッタ教室1.jpg

小学生応援団たちも張り切って杉下先生のお手伝い!
変換 〜 DSCN8805p.jpg

粘土の扱い方を教えてもらった後、小皿かプレート作りが始まりました。
変換 〜 DSCN8820p.jpg
マツボックリや、ドングリ、センダンの種でも素敵な模様が描けましたよ!
焼き上がりは、一か月後!3月27日の森のようちえんで配られます。
当日まであと10日!楽しみですね!!
9変換 〜 DSCN8760p.jpg
↑昆虫原っぱで、「かわいい!」と大人気だった、オニグルミの葉痕黒ハート
みなさんは、何の“かお”に見えますか?ウサギ?サル??ヒツジかな??(●^^●)

2022年02月26日

明日は第9回森のようちえんです!

東京都練馬は、春の気配を感じる気候になってきました。
明日は久しぶりの森のようちえん!
早春の森を探検します。

“本物のねんど”をつかったテラコッタ陶芸体験も昆虫原っぱの大きなセンダンの木の下で
行いますよ!どうぞお楽しみに♪
丸A.JPG

参加するお友達は、たくさん歩くので、汚れてもよい調節のしやすい服装でお越しください。みなさんにお会いできること楽しみにお待ちしています(●^^●)

2022年02月21日

森のようちえんキャンセル待ちとなりました。

追加募集開始早々で申し訳ありませんが、好評につき定員に達し、
申込フォームをキャンセル待ち登録に切り替えさせて頂きました。

時節柄、キャンセルがでることもありますので、ご希望の方はぜひご登録下さい。
繰り上げが出た際に、事務局よりメールもしくはお電話にてご連絡致します。
info@midorikankyo.net からのメールが届く様に設定をお願い致します。

2月の森のようちえん追加申込開始します!

東京都練馬は、週明け冬晴れになりました晴れ
第9回森のようちえん2.27チラシ.jpg
2月の森のようちえん、申込フォームで追加申込開始しました位置情報
★第9回・第10回森のようちえん申込★
残り一枠ですので、お早めにどうぞ!

※第9回ご希望の方は、フォーム登録確認次第、事務局より参加費振込みについてのメールお送り致します。

2022年02月12日

【満員御礼】2月27日森のようちえん

東京練馬は寒い朝。一昨日の雪は大分とけましたが、凍っている場所も多いですので
くれぐれも気を付けて下さいね!

お陰様で2月の森のようちえん定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。
申込フォームに登録済みの皆様は、以下のゆうちょ口座へご入金をお願い致します。(締切19日土曜日必着)
キャンセル等で追加募集がある場合には、21日月曜日中にこちらのブログでご案内致します。

なお、3月27日の森のようちえんはまだ若干の空きがございます。ご検討されている皆様お早めに!

【森のようちえん参加費入金口座】
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】008【普通】9671100 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
(ゆうちょ口座からから):【記号】10010【番号】96711001 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283 トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。

2022年01月21日

第9回・10回森のようちえんお申込み方法一部変更しました

大寒翌日、今日も東京練馬は乾燥した冬晴れが広がっています晴れ
ただ、新型コロナウイルス感染者数が日に日に増えており、不安を感じている方も多いと思います。
現在、募集中の第9・10回森のようちえんの参加費入金について、入金期間を以下の通り変更させて頂くことにしました。(申込みフォーム上にも記載しております)
第9回森のようちえん2.27チラシ.jpg
●2月-3月:第9・10回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:2月27日㈰・3月27日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園バードサンクチュアリ前
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
参 加 費:各回親子2名一組2000円(追加料金:子ども1500円、大人500円)※

今年度の森のようちえんも残すところあと2回!
“本物の粘土”を使ったプチ陶芸体験は、毎回人気のプログラム♪
身近な森の季節変化を体感できるとってもよい時期なので、連続参加がおすすめですひらめき

IMG_20220115_103133.jpg
↑年明け早々、テラコッタの先生、(有)庭樹園の杉下先生と試作会を行いました。
とっても素敵な作品になりそう!
健康に気を付けながら、皆さんどうか楽しみに待っていてくださいね。
当日は、光が丘公園の原っぱの大きなセンダンの木の下で行う予定です^^
変換 〜 DSCN2063.jpg
★申込フォーム(第9回10回)はコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
2月14日㈪〜19日㈯の間に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。


○参加費振込先○
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2022年01月05日

新年のご挨拶とご案内

身近なみどりdeお正月.jpg
新年明けましておめでとうございます晴れ
東京練馬は冬晴れ!北風が強いですね。
本日より事務局始業致しました。

2022年も身近なみどりの魅力を沢山発信し保全につなげて行けるよう、会員・地域の皆様と一緒に活動を行っていきたいと思っています。
2022年は設立20周年の記念の年。
記念行事や、新しい試みも予定しておりますので、ぜひ楽しみにしていてください!
※冒頭のお正月飾りは、年末にくらちゃん先生が剪定した松の枝などを使って手作り^^
白い実はナンキンハゼ、稲穂の代わりはエノコログサ(ねこじゃらし)です♪

続きまして!今後予定されているイベントのご案内ですNEW
●1月:ねりまつながるフェスタ2022
町会・自治会、NPOやボランティア団体など練馬区で活動している団体の日頃の取り組みを見て・聞いて!知って!たくさんの仲間と”つながる”ことができるイベントです。
今年度は、区内図書館や光が丘区民センターを会場にパネル展やワークショップ、ユニバーサルスポーツ体験会を開催します!
詳細は★コチラ★ 各種体験盛りだくさん!ぜひ内容チェック&事前申込下さいsoon

私たちも、ガールスカウト東京都第172団&豊玉障害者地域生活支援センターきららの皆さんとコラボで出展します!
1月21日㈮、22日㈯ 光が丘区民センターにて
ご来場お待ちしています(●^^●)(●^^●)(●^^●)

●2月-3月:第9・10回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:2月27日㈰・3月27日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園バードサンクチュアリ前
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
参 加 費:各回親子2名一組2000円(追加料金:子ども1500円、大人500円)
第9回森のようちえん2.27チラシ.jpg
今年度の森のようちえんも残すところあと2回!
“本物の粘土”を使ったプチ陶芸体験は、毎回人気のプログラム♪
身近な森の季節変化を体感できるとってもよい時期なので、連続参加がおすすめですひらめき

★申込フォーム(第9回10回)はコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となりますので、ご注意下さい。


○参加費振込先○
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2021年12月17日

楽しかったね!11月、12月の森のようちえん♪

東京練馬は朝からの冷たい雨が上がって、青空がのぞいてきました晴れ
昨日に引き継ぎ、12月の森のようちえんの様子をお伝えします☆

第8回森のようちえん12月12日㈰
冬の森探検&Xmas工作ということで、いつもの光が丘公園バードサンクチュアリ前からスタート☆

子ども達の後ろに広がるすすき原っぱが、日の光に照らされて本当に綺麗。
変換 〜 DSCN2684x.jpg
「冬の森探検にレッツゴー!」

まず目に飛び込んできたのは、鮮やかな赤色の実と緑の葉を付けた常緑広葉樹のクロガネモチ
正に、クリスマスカラーですね☆
「この赤い実は、鳥たちの冬のごちそうだよ。」と生き物博士の高橋先生。
(今回の森探検では、木の種子散布の方法が学習ポイントなんですひらめき
変換 〜 DSCN2690.jpg
しきりに、足元で何かを探している子ども達。

何を見つけたのかというと‥
アキニレ種.JPG
落葉広葉樹のアキニレの種。
よーく見ると、その形は“目玉焼き”のよう。平たい種の周りに翼がついています。
風に運んでもらうタイプの種です。

その後、今までオオスズメバチが活動していて入れなかった“クヌギトンネル”を久しぶりにくぐり抜けて‥
変換 〜 DSCN2695.jpg

“どんぐりの森”に到着!
ここには、落葉樹のコナラと常緑樹のシラカシのどんぐりがたくさん落ちています。
「またあった!」とアキニレを発見して教えてくれるお友達もいて、観察力に先生達も感心!
変換 〜 DSCN2725x.jpg
今回は、更に坂を下り、さらに公園の奥の方へ・・

そしてたどり着いた、針葉樹の森!
大きな大きなクリスマスツリーみたいな木がたくさん生えていたね。
「僕のおうちももっと大きかったら、こんなツリーを入れたいなぁクリスマス」と可愛い感想を教えてくれた子もいました黒ハート
変換 〜 DSCN2764x.jpg
そして、足元をよーく見ると・・

「ナニコレ!毛虫??」
IMG_20211203_143850.jpg
いえいえいえいえちがいます♪
これは、常緑針葉樹のヒマラヤスギの雄花(おばな)。
黄緑色の花粉もくっついていました。
ヒマラヤスギの雄花は11月頃満開を迎えます。役目を終えた花たちが落ちていたのです。

たくさんの、木の実や小枝、花など‥拾った森の宝物を使って、Xmasガーランド作りを行いました。
(工作教室となった芝生広場のケヤキもはだかんぼうになったね。)
変換 〜 DSCN2826x.jpg
一生懸命に、拾った木の枝を付けたくて頑張っているお友達↑
お父さんお母さんが見守っていてとってもほほえましかったです^^。

最後に、芝生広場の“クリスマスツリー”、ドイツトウヒの前で記念撮影!
自分で作ったお気に入りのガーランドを手に、嬉しそうな子ども達(^^)(^^)(^^)
変換 〜 DSCN2843x.jpg
「メリークリスマス!!クリスマス

お天気にも恵まれて、2021年最後の森のようちえんも素敵な会となりました。
家族みんなで参加してくれたお友達も多く、ぜひ冬休みも、身近なみどりを楽しんで貰えるきっかけにしていただけたら嬉しいです!

今週末も、良いお天気の予報♪
ぜひ、冬の公園の森を楽しみに、ご家族で出かけてみて下さいね。
変換 〜 DSCN2898 ドイツトウヒ.jpg
ドイツトウヒには、大きな大きなマツボックリが!

すすき原っぱ脇のイイギリは、燃えるように真っ赤な実が鈴なり!
変換 〜 DSCN2900.jpg

2021年12月16日

楽しかったね!11月、12月の森のようちえん♪

早いもので、12月も折り返し。季節も秋から冬へと移り変わって来ましたね。
森のようちえんも、11月〜12月、子ども達の笑顔と共に無事終えることができました。
とっても楽しかったので、その様子を紹介しますね。

第7回森のようちえん11月28日㈰
秋の特別プログラム!光が丘図書館の視聴覚室からスタート☆
小学生ボランティアのお姉さん達も大張り切り!
DSC08385.JPG

今回のspecial講師は、橋爪慶介さん(DEXTE-K代表、一級建築士)
貴重なの水鳥の生息地としてラムサール条約に登録されている葛西海浜公園の人工渚を中心に、海岸のクリーンアップ活動を展開していらっしゃいます。
P3130016.JPG
先生の活動の一つ、「西なぎさ発:東京里海エイド」はこちら!

まずは、みんなでスライド授業。
DSC08386.JPG
葛西海浜公園の渚(砂浜)には、夏の季節風に乗って、生き物だけでなく、沢山のごみが打ち寄せられるとのこと。
181123漂着ごみ02.jpg
大型家電〜細かな細かなプラスチックごみなど、本当に多様なごみが。

渚で卵を抱くコアジサシ(海鳥の一種)のお母さんの周りに原色の細かな塊。
I180526コアジサシ抱卵01.jpg
分かりますか?これが“マイクロプラスチックごみ”です。

DSC08389.JPG
先生のお話とびっくりするような写真の数々に、子どもも大人も釘付け!

RIMG0100.JPG
そして、配られたのが“本物のマイクロプラスチックごみ”。
10gの中には、様々な生活ごみが。
「これは、洗濯ばさみだ!」「おもちゃのカケラみたいに見える!」などなど‥
子ども達は身近なものを見つけて声を上げていました。

橋爪さんが活動する葛西海浜公園の渚(砂浜)は、荒川と江戸川に挟まれたエリア。
「外洋の影響は少ないため打ち寄せられるごみは、川の流域の私たちの生活で出たものなのですよ。」と橋爪先生。
DSC08389.JPG
その声に、真剣にうなずくお母さん、お父さん達の姿も印象的でした。

その後「ぼくたち、わたしたちも、できることをしよう!」と、気持ち新たに出かけた秋の森探検!
DSC08398.JPG
秋の実だけでなく、森のごみも見逃さず、先生と一緒に拾いました。
DSC08409-2.jpg
「ここにもあるね!」

もちろん、秋の自然も満喫しましたよ☆
DSC08406.JPG
「せんせーい!見てみて!!」と持ってきてくれた手の中をよーく見ると・・

RIMG0116.JPG
分かりますか?
シラカシの“しましま帽子”の中に隠れたテントウムシ!
冬ごもりのベットに選んだのかな??ステキだね☆
RIMG0117.JPG
子ども達の面白い発見が次々と集まってきて先生達もとっても楽しかったです(●^^●)

沢山拾った秋の実と、粘土を使って「森の工作教室♪」
DSC08427.JPG
頑張った自分にご褒美!“森の金メダル”を作りました。
DSC08430.JPG

最後に、橋爪先生からのサプライズ!!
先生の宝物ぴかぴか(新しい)東京オリンピック聖火のトーチが登場!!
桜の花びらの形をしたピカピカのトーチに、思わず歓声が上がりました。
RIMG0126.JPG
ニコニコ笑顔のみんなで「ハイチーズ」カメラ

2021年12月02日

満員御礼!12月の森のようちえん

東京練馬は爽やかな青空が広がっています晴れ

おかげさまで、12月の森のようちえん定員に達しましたので、申し込み締め切らせて頂きました。
次回は年明け2022年2月です。(1月はお休み)
詳細につきましては、早ければ年内にこちらのブログでご案内致します。
どうぞお楽しみに!
IMG_4756.JPG

2021年11月08日

11月、12月の森のようちえん受付中です!

週末、東京練馬は気持ちのよい秋晴れでしたね晴れ
今晩からの雨で、また一段と秋が深まっていくかもしれません。
季節の移り変わりをまたみんなで楽しみましょう!

12月の森のようちえんも受付を開始しますNEW
11月と併せてぜひご参加お待ちしています!

第七回森のようちえん11.28チラシ.jpg
●第7回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:11月28日㈰ 10:00〜11:30【定員30名】
集合場所:練馬区立光が丘図書館2F視聴覚室
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
特別講師:橋爪慶介さん(DEXTE-K代表、一級建築士)2018年にラムサール条約に登録となった水鳥の宝庫、葛西海浜公園の人工渚を中心に、海岸のクリーンアップ活動を展開。東京五輪のカヌー・スラローム競技会場の建設にあたり、環境に配慮した建設計画を提案、聖火ランナーにも選定される等、自身の経験を余すところなく子ども達に伝える人気講師です☆
IMG_5796.JPG
lovegraph_107.jpg
I180526コアジサシ抱卵01.jpg
(橋爪先生より写真提供)
今回は、秋の特別プログラム。
練馬のみどりも、私たちの生活も、海の環境としっかりとつながっていることを体感できる内容となっています。
スライドで海の生き物や環境について楽しく学べる授業付きひらめき
スライド授業の後、秋の公園の森に出かけます♪(公園のクリーンアップもするよ☆)
秋の木の実を沢山拾って工作もしようね!
IMG_4756.JPG
★申込フォーム(11月)はコチラ★

●第8回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:12月12日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園サービスセンター前
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
第8回森のようちえんチラシ.jpg
★申込フォーム(12月)はコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2021年10月28日

11月の森のようちえん申込開始します!

今日は爽やかな秋晴れですね晴れ
お待たせしました!
11月の森のようちえん、受付を開始しますNEW

第七回森のようちえん11.28チラシ.jpg
●第7回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:11月28日㈰ 10:00〜11:30【定員30名】
集合場所:練馬区立光が丘図書館2F視聴覚室
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
特別講師:橋爪慶介さん(DEXTE-K代表、一級建築士)2018年にラムサール条約に登録となった水鳥の宝庫、葛西海浜公園の人工渚を中心に、海岸のクリーンアップ活動を展開。東京五輪のカヌー・スラローム競技会場の建設にあたり、環境に配慮した建設計画を提案、聖火ランナーにも選定される等、自身の経験を余すところなく子ども達に伝える人気講師です☆
IMG_5796.JPG
lovegraph_107.jpg
I180526コアジサシ抱卵01.jpg
(橋爪先生より写真提供)

今回は、秋の特別プログラム。
練馬のみどりも、私たちの生活も、海の環境としっかりとつながっていることを体感できる内容となっています。
スライドで海の生き物や環境について楽しく学べる授業付きひらめき
屋内講座後、施設周辺の森のクリーンアップをしながら、秋の自然を体感します。
(秋の木の実を沢山拾って工作もしよう!)
DSCN9725 発根したコナラのどんぐり発見_LI.jpg
★申込フォームはコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

森探検中心のレギュラープログラムとは少し異なりますので、森のようちえん初参加の年齢の小さなお友達は、次々回12月12日㈰の冬の森探検からの参加をお勧めします☆
※12月のお申込みも追ってアップします。

2021年10月27日

楽しかったね!秋の森探検♪

東京・練馬は今日も秋雨が降ったり止んだりの一日でしたね。
秋の深まりを感じます。
すっかり遅くなってしまいましたが、9月〜10月の森のようちえんの様子を紹介しますひらめき

暑さも和らいだ9月26日㈰、秋のはじめの森を探検しました。
変換 〜 DSCN5410.jpg
頭の上には、真っ赤なハナミズキの実。
この頃は、葉はまだ緑色が優勢ですね。(翌月には真っ赤になりました!)

変換 〜 DSCN5442_LI.jpg
雑木林に入っていくと、夏には緑色で“ビールのホップ”みたいだねってお父さんたちと
見ていたクマシデの翼果がすっかり茶色になって、頭の上に下がっていました。
翼の根元についている小さな種が木の赤ちゃんとすると、
まるでマントを付けた○○○○マンみたいにも見えたね(●^^●)

変換 〜 DSCN5449.jpg
雑木林を進んで行くと、子ども達が発見!
変換 〜 DSCN5462x ノコゴリクワガタ.jpg
立派なノコギリクワガタでした☆
みんな、代わる代わる手に乗せて‥
ちょっと怖いなって子もいたけれど、“林の王様”と友達になれました。

その根元には、アズマヒキガエルの子ども。
変換 〜 DSCN5457 アズマヒキガエル.jpg
木の樹皮の色そっくり!!と見つけた子自身もびっくりしていましたよ。

昆虫大好き★ゆきの先生が、コナラやシラカシのどんぐりに卵を産む“ハイイロチョッキリ”についてお話してくれました。森の中に落ちている小枝の秘密が分かったね手(チョキ)

そして、10月の森のようちえん。
今年度初めて雨の森の探検になりました。
色とりどりのカッパを着てレッツゴー!
変換 〜 DSCN7406x.jpg

光が丘公園の昆虫原っぱのイイギリには真っ赤な実が、ぶどうの房のようにぶら下がっていました。
変換 〜 DSCN7416x.jpg

雨に濡れてキラキラだったね!
変換 〜 DSCN7357x イイギリ.jpg

雑木林の中に入ると、雨はあまり気にならなくなって、足元一面に落ちているキラキラのどんぐりたちにみんな釘付け!
変換 〜 DSCN7500x.jpg
クヌギにコナラ、シラカシ、スダジイ、マテバシイ!沢山拾えたね!!

その他にも、雨の森には“キラキラぴかぴか(新しい)”がいっぱい!

昆虫観察は、雨の日特別バージョン☆クモスペシャル!
変換 〜 DSCN7508x ジョロウグモ.jpg
立体的な大きな巣を作るジョロウグモ。

そのジョロウグモに“居候”しているイソウロウグモ。おもしろかったね^^
(正式名称:シロカネイソウロウグモ)
DSCN7682x シロカネイソウロウグモ.JPG
昆虫博士の高橋先生がライトで照らすと、キラッと光ります。
上の写真で、どっちがクモでどっちが水滴かわかるかな〜??

変換 〜 DSCN7512x ナガコガネグモ.jpg
そして、子ども達の目線でよーく観察できたナガコガネグモ目

探検後には、朝の会でも使わせて頂いた光が丘公園バードサンクチュアリの観察舎の一角をお借りして、手芸大好き★りほ先生と“森のドーナツ”作りを楽しみました。
変換 〜 DSCN7609x.jpg
コロナ禍以前は、どんぐりを使って本物のおやつ作りをしていたのでちょっぴり残念でしたが子ども達は粘土と森の木の実で、本当に楽しそうに工作していましたよ。

ドーナツ.JPG
木の実たっぷりの美味しそうなドーナツができました!
工作の中で、先生達と振り返りをしたので、小さいお友達も木の実の名前を覚えることができました。
“森の友達”今回もたくさん増えてよかったね!

次回は、11月28日㈰。近日中にご案内します。おたのしみに!(●^^●)

2021年10月16日

明日は、第六回森のようちえん!

秋風がふいてきました。
明日は、森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜6回目ですひらめき
天気予報の傘マークがなかなかとれず、今年度初雨の森のようちえんになりそうです。
気温も下がるようですので、温かい格好で、お気に入りの傘や雨具、長靴を履いていらして下さいね!ぴかぴか(新しい)雨

先生達、今週の水曜日に大雨の中、森の下見をしてきました。
森の中に入ると、森の木たちが傘の代わりをしてくれるので、体感は小雨程度♪
落ちたどんぐりがキラキラ光っていたり、集まった水で川ができていたり‥
雨の準備をしていると、また違う森の様子を楽しむことが出来ますよ(●^^●)

↓雨に濡れてキラキラ光る“イイギリの実”@昆虫原っぱ
0712231133 イイギリ すすき原っぱ.JPG

寒いと疲れたり、悲しくなったりしてしまうので、お支度はしっかりしてきて下さい。
秋雨は、森の木たちにとっても大切な役割があります。そんなお話も紹介しますね!
元気なみんなと秋の森を探検できること楽しみにしています。

その他@:集合場所は、光が丘公園バードサンクチュアリに変更します。※参加者の皆様には金曜日にメールをお送りしています。ご注意ください。
その他A:体調の優れない方は、来月以降にお振替も可能です。当日9時半までにお電話下さい。9時50分以降のお電話は、朝の会スタートの支障となりますので、ご遠慮下さい。

2021年09月28日

【受付開始!】第6回森のようちえん10月17日㈰

爽やかな秋風を感じる季節になりました。
先日行われた9月の森のようちえんでは、みんなで秋のはじめの森を探検しました。
森の中はどんぐりが落ち始め、見られる生き物たちの変化も感じることができました。
その様子は後日また改めてブログに掲載しますのでお楽しみに!

本日から10月の森のようちえんの申込を開始しますNEW
第6回森のようちえんチラシ.jpg
訂正と御詫び:一部のチラシで日付に誤りがありました。訂正し御詫び申し上げます。

●第6回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜 
日  時:10月17日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:光が丘公園サービスセンター
対  象:マスクができる幼児〜小学校低・中学年とその保護者
参 加 費:親子2名一組2000円※ 保険料含(追加料金:子ども1500円、大人500円)
申込フォームは★コチラ★

DSCN9709.JPG
本格的な“どんぐりシーズン”到来!!
お友達の名前を覚えるように、どんぐり達の名前も覚えてみよう!
それぞれ特徴があっておもしろいよ!!
DSCN9725 発根したコナラのどんぐり発見_LI.jpg
「どんぐりの先から何か出てるよ!!」

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2021年09月13日

【キャンセル待ち】第五回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜

キンモクセイの香りが練馬のまちに漂うようになりました。
今日の秋晴れはとっても気持ちがいいですね(●^^●)

現在受付中の、第五回森のようちえん(9月26日㈰開催)、ご好評につき、申込フォームを【キャンセル待ち登録】に切り替えさせていただきました。

※本日(9月13日)朝9時までにフォームにご入力頂いた皆様には、参加費のお振込み先をご案内しております。
ご入金確認後登録完了となり、登録完了メールが事務局から届きます。
お手数おかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
おじぎみどり.jpg

2021年09月09日

森のようちえんで出会ったおもしろ生き物紹介!(ふりかえりと訂正)


8月の森のようちえんで夏のおわりの森探検が終わってから
あっという間に秋めいてきましたね。

今日は、ゆきの先生が、8月29日の森のようちえんで、ちょっとだけ出会えた
森のおもしろ生き物たちを紹介します☆

その名は「コシアカスカシバ」ですexclamation×2
【訂正】森のようちえんでは「カシコスカシバ」と言いましたが、高橋先生が後日詳しく調べたところ「コシアカスカシバ」でした。
カシコスカシバとの違いを比べてみてね!

DSCN3911xxx.jpg
クチナシの木にいたオオスカシバの幼虫は成虫になると羽が透明になります。
同じ仲間ではないですが、同じく成虫になると羽が透明になる「ガ」です!

本来、チョウやガの羽には鱗粉がありますが、彼らは羽化したら鱗粉を落としてしまいます。
なぜでしょう…?それはコシアカスカシバの見た目に関係しています!

皆さん、コシアカスカシバが何の虫に見えましたか?
DSCN3912xxxx.jpg

そう、黄色と黒が特徴の「スズメバチ」ですexclamation×2
DSCN3874x オオスズメバチ.JPG
(これは「オオスズメバチ」です。上の写真と見比べると、見た目そっくりですね!)

彼らは「毒をもっていないガ」なので、「ハチ」に「擬態(ぎたい)」することで
「刺すぞ!危険だぞ!」ってアピールして、自分を守っているのです。
ハチに似せるため、羽を透明にするなんて、すごい戦略です!
先生も飛んでいる姿を見たときは「スズメバチだ!」と騙されてしまいました(*^^*)

DSCN0100 トラカミキリ.JPG
【おまけ】これは「トラカミキリ」という虫で、コシアカスカシバと同じようにカミキリムシがハチに擬態(ぎたい)しています。


DSCN3759zz.jpg
コシアカスカシバは植物の葉っぱではなく、
コナラやクヌギなどブナ科の木の幹に卵を産みます。
幼虫は木の幹を食べて育ち、蛹になって飛び出していきます。写真の〇はその蛹の抜け殻です。
(この近くで産卵しようと飛んでいるコシアカスカシバを見つけました。)

開いた穴から樹液が出てきてスズメバチなどが集まるため、
彼らの天敵にはスズメバチも含まれます。
天敵の姿に似せて襲われにくくするために、このような姿へ進化したのかもしれませんね!

今の時期にブナ科の木の近くで見ることができるので、本物のスズメバチと間違わないよう気を付けて観察してみてください!