2021年12月02日

満員御礼!12月の森のようちえん

東京練馬は爽やかな青空が広がっています晴れ

おかげさまで、12月の森のようちえん定員に達しましたので、申し込み締め切らせて頂きました。
次回は年明け2022年2月です。(1月はお休み)
詳細につきましては、早ければ年内にこちらのブログでご案内致します。
どうぞお楽しみに!
IMG_4756.JPG

2021年11月08日

11月、12月の森のようちえん受付中です!

週末、東京練馬は気持ちのよい秋晴れでしたね晴れ
今晩からの雨で、また一段と秋が深まっていくかもしれません。
季節の移り変わりをまたみんなで楽しみましょう!

12月の森のようちえんも受付を開始しますNEW
11月と併せてぜひご参加お待ちしています!

第七回森のようちえん11.28チラシ.jpg
●第7回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:11月28日㈰ 10:00〜11:30【定員30名】
集合場所:練馬区立光が丘図書館2F視聴覚室
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
特別講師:橋爪慶介さん(DEXTE-K代表、一級建築士)2018年にラムサール条約に登録となった水鳥の宝庫、葛西海浜公園の人工渚を中心に、海岸のクリーンアップ活動を展開。東京五輪のカヌー・スラローム競技会場の建設にあたり、環境に配慮した建設計画を提案、聖火ランナーにも選定される等、自身の経験を余すところなく子ども達に伝える人気講師です☆
IMG_5796.JPG
lovegraph_107.jpg
I180526コアジサシ抱卵01.jpg
(橋爪先生より写真提供)
今回は、秋の特別プログラム。
練馬のみどりも、私たちの生活も、海の環境としっかりとつながっていることを体感できる内容となっています。
スライドで海の生き物や環境について楽しく学べる授業付きひらめき
スライド授業の後、秋の公園の森に出かけます♪(公園のクリーンアップもするよ☆)
秋の木の実を沢山拾って工作もしようね!
IMG_4756.JPG
★申込フォーム(11月)はコチラ★

●第8回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:12月12日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園サービスセンター前
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
第8回森のようちえんチラシ.jpg
★申込フォーム(12月)はコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2021年10月28日

11月の森のようちえん申込開始します!

今日は爽やかな秋晴れですね晴れ
お待たせしました!
11月の森のようちえん、受付を開始しますNEW

第七回森のようちえん11.28チラシ.jpg
●第7回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:11月28日㈰ 10:00〜11:30【定員30名】
集合場所:練馬区立光が丘図書館2F視聴覚室
対  象:マスクができる幼児〜小学生とその保護者
特別講師:橋爪慶介さん(DEXTE-K代表、一級建築士)2018年にラムサール条約に登録となった水鳥の宝庫、葛西海浜公園の人工渚を中心に、海岸のクリーンアップ活動を展開。東京五輪のカヌー・スラローム競技会場の建設にあたり、環境に配慮した建設計画を提案、聖火ランナーにも選定される等、自身の経験を余すところなく子ども達に伝える人気講師です☆
IMG_5796.JPG
lovegraph_107.jpg
I180526コアジサシ抱卵01.jpg
(橋爪先生より写真提供)

今回は、秋の特別プログラム。
練馬のみどりも、私たちの生活も、海の環境としっかりとつながっていることを体感できる内容となっています。
スライドで海の生き物や環境について楽しく学べる授業付きひらめき
屋内講座後、施設周辺の森のクリーンアップをしながら、秋の自然を体感します。
(秋の木の実を沢山拾って工作もしよう!)
DSCN9725 発根したコナラのどんぐり発見_LI.jpg
★申込フォームはコチラ★

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

森探検中心のレギュラープログラムとは少し異なりますので、森のようちえん初参加の年齢の小さなお友達は、次々回12月12日㈰の冬の森探検からの参加をお勧めします☆
※12月のお申込みも追ってアップします。

2021年10月27日

楽しかったね!秋の森探検♪

東京・練馬は今日も秋雨が降ったり止んだりの一日でしたね。
秋の深まりを感じます。
すっかり遅くなってしまいましたが、9月〜10月の森のようちえんの様子を紹介しますひらめき

暑さも和らいだ9月26日㈰、秋のはじめの森を探検しました。
変換 〜 DSCN5410.jpg
頭の上には、真っ赤なハナミズキの実。
この頃は、葉はまだ緑色が優勢ですね。(翌月には真っ赤になりました!)

変換 〜 DSCN5442_LI.jpg
雑木林に入っていくと、夏には緑色で“ビールのホップ”みたいだねってお父さんたちと
見ていたクマシデの翼果がすっかり茶色になって、頭の上に下がっていました。
翼の根元についている小さな種が木の赤ちゃんとすると、
まるでマントを付けた○○○○マンみたいにも見えたね(●^^●)

変換 〜 DSCN5449.jpg
雑木林を進んで行くと、子ども達が発見!
変換 〜 DSCN5462x ノコゴリクワガタ.jpg
立派なノコギリクワガタでした☆
みんな、代わる代わる手に乗せて‥
ちょっと怖いなって子もいたけれど、“林の王様”と友達になれました。

その根元には、アズマヒキガエルの子ども。
変換 〜 DSCN5457 アズマヒキガエル.jpg
木の樹皮の色そっくり!!と見つけた子自身もびっくりしていましたよ。

昆虫大好き★ゆきの先生が、コナラやシラカシのどんぐりに卵を産む“ハイイロチョッキリ”についてお話してくれました。森の中に落ちている小枝の秘密が分かったね手(チョキ)

そして、10月の森のようちえん。
今年度初めて雨の森の探検になりました。
色とりどりのカッパを着てレッツゴー!
変換 〜 DSCN7406x.jpg

光が丘公園の昆虫原っぱのイイギリには真っ赤な実が、ぶどうの房のようにぶら下がっていました。
変換 〜 DSCN7416x.jpg

雨に濡れてキラキラだったね!
変換 〜 DSCN7357x イイギリ.jpg

雑木林の中に入ると、雨はあまり気にならなくなって、足元一面に落ちているキラキラのどんぐりたちにみんな釘付け!
変換 〜 DSCN7500x.jpg
クヌギにコナラ、シラカシ、スダジイ、マテバシイ!沢山拾えたね!!

その他にも、雨の森には“キラキラぴかぴか(新しい)”がいっぱい!

昆虫観察は、雨の日特別バージョン☆クモスペシャル!
変換 〜 DSCN7508x ジョロウグモ.jpg
立体的な大きな巣を作るジョロウグモ。

そのジョロウグモに“居候”しているイソウロウグモ。おもしろかったね^^
(正式名称:シロカネイソウロウグモ)
DSCN7682x シロカネイソウロウグモ.JPG
昆虫博士の高橋先生がライトで照らすと、キラッと光ります。
上の写真で、どっちがクモでどっちが水滴かわかるかな〜??

変換 〜 DSCN7512x ナガコガネグモ.jpg
そして、子ども達の目線でよーく観察できたナガコガネグモ目

探検後には、朝の会でも使わせて頂いた光が丘公園バードサンクチュアリの観察舎の一角をお借りして、手芸大好き★りほ先生と“森のドーナツ”作りを楽しみました。
変換 〜 DSCN7609x.jpg
コロナ禍以前は、どんぐりを使って本物のおやつ作りをしていたのでちょっぴり残念でしたが子ども達は粘土と森の木の実で、本当に楽しそうに工作していましたよ。

ドーナツ.JPG
木の実たっぷりの美味しそうなドーナツができました!
工作の中で、先生達と振り返りをしたので、小さいお友達も木の実の名前を覚えることができました。
“森の友達”今回もたくさん増えてよかったね!

次回は、11月28日㈰。近日中にご案内します。おたのしみに!(●^^●)

2021年10月16日

明日は、第六回森のようちえん!

秋風がふいてきました。
明日は、森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜6回目ですひらめき
天気予報の傘マークがなかなかとれず、今年度初雨の森のようちえんになりそうです。
気温も下がるようですので、温かい格好で、お気に入りの傘や雨具、長靴を履いていらして下さいね!ぴかぴか(新しい)雨

先生達、今週の水曜日に大雨の中、森の下見をしてきました。
森の中に入ると、森の木たちが傘の代わりをしてくれるので、体感は小雨程度♪
落ちたどんぐりがキラキラ光っていたり、集まった水で川ができていたり‥
雨の準備をしていると、また違う森の様子を楽しむことが出来ますよ(●^^●)

↓雨に濡れてキラキラ光る“イイギリの実”@昆虫原っぱ
0712231133 イイギリ すすき原っぱ.JPG

寒いと疲れたり、悲しくなったりしてしまうので、お支度はしっかりしてきて下さい。
秋雨は、森の木たちにとっても大切な役割があります。そんなお話も紹介しますね!
元気なみんなと秋の森を探検できること楽しみにしています。

その他@:集合場所は、光が丘公園バードサンクチュアリに変更します。※参加者の皆様には金曜日にメールをお送りしています。ご注意ください。
その他A:体調の優れない方は、来月以降にお振替も可能です。当日9時半までにお電話下さい。9時50分以降のお電話は、朝の会スタートの支障となりますので、ご遠慮下さい。

2021年09月28日

【受付開始!】第6回森のようちえん10月17日㈰

爽やかな秋風を感じる季節になりました。
先日行われた9月の森のようちえんでは、みんなで秋のはじめの森を探検しました。
森の中はどんぐりが落ち始め、見られる生き物たちの変化も感じることができました。
その様子は後日また改めてブログに掲載しますのでお楽しみに!

本日から10月の森のようちえんの申込を開始しますNEW
第6回森のようちえんチラシ.jpg
訂正と御詫び:一部のチラシで日付に誤りがありました。訂正し御詫び申し上げます。

●第6回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜 
日  時:10月17日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:光が丘公園サービスセンター
対  象:マスクができる幼児〜小学校低・中学年とその保護者
参 加 費:親子2名一組2000円※ 保険料含(追加料金:子ども1500円、大人500円)
申込フォームは★コチラ★

DSCN9709.JPG
本格的な“どんぐりシーズン”到来!!
お友達の名前を覚えるように、どんぐり達の名前も覚えてみよう!
それぞれ特徴があっておもしろいよ!!
DSCN9725 発根したコナラのどんぐり発見_LI.jpg
「どんぐりの先から何か出てるよ!!」

※参加費は事前振込制となります。申込フォームにご入力頂き、
5日以内に以下のゆうちょ口座へお振込みお願い致します。
入金確認後、登録完了となります。

○参加費振込先○

・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  

 ※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
※※口座名義は、トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク になります。

2021年09月13日

【キャンセル待ち】第五回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜

キンモクセイの香りが練馬のまちに漂うようになりました。
今日の秋晴れはとっても気持ちがいいですね(●^^●)

現在受付中の、第五回森のようちえん(9月26日㈰開催)、ご好評につき、申込フォームを【キャンセル待ち登録】に切り替えさせていただきました。

※本日(9月13日)朝9時までにフォームにご入力頂いた皆様には、参加費のお振込み先をご案内しております。
ご入金確認後登録完了となり、登録完了メールが事務局から届きます。
お手数おかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
おじぎみどり.jpg

2021年09月09日

森のようちえんで出会ったおもしろ生き物紹介!(ふりかえりと訂正)


8月の森のようちえんで夏のおわりの森探検が終わってから
あっという間に秋めいてきましたね。

今日は、ゆきの先生が、8月29日の森のようちえんで、ちょっとだけ出会えた
森のおもしろ生き物たちを紹介します☆

その名は「コシアカスカシバ」ですexclamation×2
【訂正】森のようちえんでは「カシコスカシバ」と言いましたが、高橋先生が後日詳しく調べたところ「コシアカスカシバ」でした。
カシコスカシバとの違いを比べてみてね!

DSCN3911xxx.jpg
クチナシの木にいたオオスカシバの幼虫は成虫になると羽が透明になります。
同じ仲間ではないですが、同じく成虫になると羽が透明になる「ガ」です!

本来、チョウやガの羽には鱗粉がありますが、彼らは羽化したら鱗粉を落としてしまいます。
なぜでしょう…?それはコシアカスカシバの見た目に関係しています!

皆さん、コシアカスカシバが何の虫に見えましたか?
DSCN3912xxxx.jpg

そう、黄色と黒が特徴の「スズメバチ」ですexclamation×2
DSCN3874x オオスズメバチ.JPG
(これは「オオスズメバチ」です。上の写真と見比べると、見た目そっくりですね!)

彼らは「毒をもっていないガ」なので、「ハチ」に「擬態(ぎたい)」することで
「刺すぞ!危険だぞ!」ってアピールして、自分を守っているのです。
ハチに似せるため、羽を透明にするなんて、すごい戦略です!
先生も飛んでいる姿を見たときは「スズメバチだ!」と騙されてしまいました(*^^*)

DSCN0100 トラカミキリ.JPG
【おまけ】これは「トラカミキリ」という虫で、コシアカスカシバと同じようにカミキリムシがハチに擬態(ぎたい)しています。


DSCN3759zz.jpg
コシアカスカシバは植物の葉っぱではなく、
コナラやクヌギなどブナ科の木の幹に卵を産みます。
幼虫は木の幹を食べて育ち、蛹になって飛び出していきます。写真の〇はその蛹の抜け殻です。
(この近くで産卵しようと飛んでいるコシアカスカシバを見つけました。)

開いた穴から樹液が出てきてスズメバチなどが集まるため、
彼らの天敵にはスズメバチも含まれます。
天敵の姿に似せて襲われにくくするために、このような姿へ進化したのかもしれませんね!

今の時期にブナ科の木の近くで見ることができるので、本物のスズメバチと間違わないよう気を付けて観察してみてください!

2021年09月03日

たのしかったね!8月の森のようちえん

晴れ最近、暑かったり涼しくなったりと気温の変化がすごいですね雨
季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さん体調に気をつけて下さい。

今回の報告は、現在NPOに研修で来ている玉川大学4年生のお姉さん(森のようちえんでは、ゆきの先生として人気者)に書いてもらいました。以下、元気いっぱいの報告をぜひご覧ください(●^^●)

さて、8月26日㈭に行われた第3回森のようちえんでは35度を超える猛暑の中、普段入ることができないバードサンクチュアリの森の中を探検してきました。
0歳〜小学5年生まで10名のお友達がご家族で集合!

RIMG1442.JPG
観察舎にある望遠鏡の裏側から水辺にいる生き物や植物を観察しました。

特別講師はバードサンクチュアリの管理をしている認定NPO法人生態工房の増永望美さんと、日本野鳥の会東京都支部探鳥会リーダーの高橋嘉明さんです!
RIMG1455.JPG
森を歩いていき、プラタナス広場に到着ダッシュ(走り出すさま)
プラタナスの幹の長さを小学生のお友達が協力して測りました。
その長さはなんと2m24pexclamation×2
ジャイアントパンダが巻き付いても余るくらい大きい木にみんなビックリ!
RIMG1480.JPG
さらに森を進み、途中でたくさんの生き物を観察して、いざカゴワナの引きあげへ!
外来種捕獲用のカゴワナはあらかじめ池に仕掛けていました。
お友達同士で協力して引きあげ、中を見たら大きなアメリカザリガニが!!
他にもモツゴなどの魚もいて、ワナにかかった水の生物にみんな興味津々目

外来種がいることで元々そこに生息していた在来種が食べられてしまったり、在来種が食べるエサを外来種が食べてしまい餓死してしまうなど、外来種を放置していると在来種が絶滅してしまうかもしれません。そのためにも外来種の駆除はもちろん、「持ち込まない」ことが重要だと教えてもらいました。

RIMG1490.JPG
池の生き物を観察したら最後に樹液に集まった昆虫を観察サーチ(調べる)
珍しいクロカナブンを見ることができました!

最後にみんなで「みどりー!」カメラ
暑い中、お疲れ様でした!
DSCN3692.JPG

今回の森のようちえんでは普段見ることができない生き物や植物を観察し、外来種の問題について教えてもらいました。いつも以上に見つけにくい環境にもかかわらず、みんな生き物を見逃さずに観察していてすごかったです!


第3回森のようちえんが終わってすぐ、8月29日㈰に第4回目森のようちえんも行いました。
3歳〜小学3年生まで7人のお友達がご家族で集合!
DSCN3891.JPG
今回のテーマは「夏の終わりの森探検」
特別講師は日本野鳥の会東京都支部探鳥会リーダーの高橋嘉明さんです!

初めに嫌われ者のイモムシ・ケムシを好きになろうということで、クチナシにいたオオスカシバの幼虫を観察しましたサーチ(調べる)
DSCN3766 オオスカシバ.JPG
ブリブリの大きな幼虫ですが、触ってみるとふわふわでマシュマロみたいな触り心地でした。
普段、虫を触るのが苦手な子も触り心地が良かったのか触れていました。
初心者向けのイモムシですねわーい(嬉しい顔)
RIMG1443.JPG
高橋先生がカマキリの羽を見せてくれました!
普段じっくり観察することができないため、親子そろってカマキリに釘付けに目

公園の雑木林では、秋の訪れを知らせるように青いドングリが実っていました!
クヌギやコナラ、マテバシイ、スダジイなど様々なドングリがあるので皆さんも探して比べてみて下さい!
RIMG1446.JPG
探索していると、なにやら葉のついたドングリがたくさん落ちているところが!
これは「ハイイロチョッキリ」という虫がドングリに穴をあけて産卵した後、枝ごと落としたあと。
名前に「チョッキリ」とあるように枝がはさみで切ったようにスッパリ切れていました。
葉っぱのついたドングリが落ちていたら、チョッキリ虫のせいかもしれません!

さらに歩いていくと緑の葉が生い茂る中、茶色に枯れた木が目の前に!
RIMG1448.JPG
これはカシノナガキクイムシによるもので、彼らは「ラファエレア菌」という菌を運びます。
「マスアタック」という集団的に幹に穴をあけ、中に運ばれた菌が繁殖し、水を吸い上げる機能を弱らせてしまうため、枯れてします。
その証拠に穴が開いているところから樹液が出ています。
皆さんの周りに穴が開いていて樹液が出ている木を見つけたら、カシノナガキクイムシのせいかもしれません!

今回の森のようちえんでは、夏の終わりということでイロハモミジやハナミズキの実、青いドングリを始め、この時期にカシノナガキクイムシによって枯れるマテバシイや、ドングリに産卵するハイイロチョッキリなどを観察することができましたサーチ(調べる)
秋になり紅葉に目が行きがちですが、落ちる前のドングリやそれらを利用している秋の生き物などにも目を向けて、日常生活の中から見つけてみて下さい!




2021年08月25日

【満員御礼】8月の森のようちえん

暑い日が続きますね。
8月の森のようちえん、26日㈭、29日㈰共、定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きました。
参加できなかったみなさん、申し訳ありません。

先のブログでのお知らせの通り、次回は9月26日㈰に光が丘公園で開催予定ですひらめき
また元気でお会い出来ますように‥みなさん身体に気を付けて、残りの夏休みを過ごして下さいね!
みどり(●^^●)

2021年08月20日

8月9月の森のようちえんにつきまして

朝晩過ごしやすくなりましたね。夏休みもあとわずか。
思うような野外活動や自然体験ができなかった方も多いと思います。
当会の森のようちえんも現在、通常の半分以下の人数で限定的に行っております。

8月に予定している2件は、現状上記の規定で感染対策を行いながら開催予定です。
若干の空きが出ましたので、申込フォームを再開致しましたが、くれぐれもご無理ない範囲でお申込み頂けますようお願い申し上げます。

ご入金まで完了された方でも、今後の回に振り替えることができますので、
体調等に不安のある方は、事務局(03-3922-1890)までご連絡下さい。

参考までに、9月の予定を先行して以下の通りご案内致します。
感染拡大がこれ以上広がりませんように‥子育ての中でつらいこともあると思いますが
みんなでがんばりましょう!
第五回森のようちえん9.26.jpg
申込フォームはコチラ

2021年07月12日

楽しかったね!第二回森のようちえん

雨東京練馬の昨日の雷雨はすごかったですね!雷

午前中は良いお天気で、第二回森のようちえん、予定通り無事行うことができましたひらめき
2歳〜小学6年生まで18名のお友達がご家族で集合!
DSC_1276.JPG

夏休み直前スペシャルプログラムとして「海ごみ博士のプラごみ授業」を開催NEW
特別講師は、冒険写真家でダイバーのNPO法人海の森・山の森事務局理事長の豊田直之さんです!
DSC_1260.JPG

先生が持ってきてくれた大型テレビで、光が丘公園昆虫原っぱの大きなセンダンの木の下が、素敵な教室になりましたぴかぴか(新しい)
DSC_1276.JPG
(※使用しているポータブルバッテリーの充電は太陽光発電、横浜からの移動は電気自動車とのこと!)

先生が撮影した、生き生きとした海の生き物達に釘付け!
(一枚目の写真は、生後間もないクジラの赤ちゃんの写真を見ているところです。赤ちゃんといっても体長約5m!先生が撮影していた足元には、赤ちゃんを見守る巨大なお母さんクジラがいたとのこと!想像するだけで大迫力の海の世界です!)

そして、陸上に住む私たちの生活から出るごみが海の環境に大きな大きな影響を与えているという話に。
DSC_1295.JPG
何気なく出しているこんな“プラごみ”下水や河川などを通して海に流れ込み、膨大な量が海底に沈んでいるそうです。
「ごみを見つけたら、引き揚げればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、
「実は、できないのです!」と豊田先生。
海底の泥の中でプラスチックが劣化し、もろくなっていて、つかむと粉々になってしまうそうです。
そして、マイクロプラスチックごみとなって、海の生き物達がエサと間違え体内に取り込んでしまうとのこと。
本当に“取り返しがつかない”わけですよね。

ごみを捨てない、落とさないというだけでなく、そもそもごみを出さない工夫を普段の生活で考えて工夫することが大切!ということも教えてもらいました。

その後、カラフルなトングを手に、公園の森探検に!
可愛いどんぐりの赤ちゃん(スダジイ)を発見目
DSC_1281.JPG

普段散策している森の道にも、あちこちにごみがありました。
DSC_1283.JPG
原っぱの中も、よーく見るとキラキラ光るものが。そう!みんなが大好き飴の袋!!
「ぜったいにおとしちゃいけないね」と、子ども達同士で話す声も聞こえました。
DSC_1286.JPG

どのくらい拾えたかな?先生と一緒にごみの体重測定をしました。
DSC_1288.JPG
結果は‥約2s!
DSC_1293.JPG
梅雨の時期の、しかも短時間での探検&ごみ拾いでしたが、結構ありました!
本格的なレジャーシーズンになったら‥と思うと心配なことです。

みんなで‥「ごみとったどー!!」
DSCN1884x.JPG

今回の授業をきっかけに、森のようちえんでは、「森では生き物もごみも見逃さない!」という気持ちを持って自然体験を続けていきたいと思います(●^^●)

☆豊田先生が理事長を務める「NPO法人海の森・山の森事務局」のFacebookはコチラ
夏休みイベントや、ビーチクリーン活動等の情報をはじめ、誰でも日常的に取り入れられる“レコプラダイエット”や、“#あしもとから”の活動まで、幅広く発信されています。
ぜひ、お友達になってつながって下さいね!

2021年07月10日

明日は、第二回森のようちえん!

曇り東京練馬は久しぶりの青空が雲の隙間からのぞいています!
明日は、待ちに待った、第二回森のようちえんです!

10時ぴったりに始めたいと思いますので、朝のお支度が大変だと思いますが
参加者のみなさん、9時45-55分の間に受付完了頂けますようご協力お願いします!

集合場所は、以下の通りです。
雨が降らなければ、光が丘バードサンクチュアリ前“昆虫原っぱ”晴れ
雨天の場合は、光が丘図書館2階視聴覚室雨

海ごみ博士の素敵な映像授業、ぜひ原っぱの大きな木の下で、行いたいなと思っていますので、
ギリギリの判断になる可能性もあります。
曇りだけれど‥直前で、屋内へ変更!となってしまったときは、登録のお電話番号にお電話致します。
よろしくお願いいたします!

2021年07月06日

第二回森のようちえん残席わずかです!

森のようちえん_身近なみどりで自然を体感〜第二回7.11チラシ【第二稿】.jpg

キャンセルが出たため、あと若干名受付できます!
夏休みを前に、親子で、身近なみどりを体感しましょう(●^^●)

2021年06月28日

【参加者募集中!】第二回森のようちえん

次回森のようちえん受付中です!
森のようちえん_身近なみどりで自然を体感〜第二回7.11チラシ【第二稿】.jpg
日  時:7月11日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園サービスセンター前
対  象:マスクができる幼児〜小学校低・中学年とその保護者

夏休み直前スペシャルプログラム2本立てです。
@海ごみ博士によるプラごみ授業
A夏の公園の森探検

特別講師:豊田直之(NPO法人海の森・山の森事務局 理事長)
ダイバー、冒険写真家として、国内外の海や生物を撮影する中で、プラごみによる海洋汚染を目の当たりにし、環境保全活動(Facebookはコチラ)を開始。
自身が撮影した映像・写真を活用した出前授業に定評がある人気講師です☆

日常生活でなかなか海を実感することが難しい練馬の子ども達に向けて、この日のために準備してくれたスペシャル映像授業☆ぜひ“体感”してみてください。
雨が降らなければ、光が丘公園の大きなセンダンの木の下で行います。
センダンの木の下.JPG
「公園の森も海とつながっている」こと、みんなで実感しましょう!

森のごみ拾いをしながら“環境にやさしい生き物観察”もするよ手(グー)
NPO法人みどり環境ネットワーク!森のようちえん.jpg

“ヤブガラシレストランかわいい
DSCN0101.JPG
昆虫たちのレストランは、樹液だけではないんだよ♪

「きゃー!スズメバチ!!」
DSCN0100 トラカミキリ.JPG
‥では、ないのです(●^^●)
当日見られるといいね!

感染対策のため、今年度は例年に比べて少人数制となっております。
申込はコチラお早めに!

【ご注意点】
※1.写真は全てイメージです。
※2.持ち物・服装等は上記イベントチラシに記載していますのでご確認下さい。
※3.今年度参加費は口座振込となります。
申込フォーム入力後、事務局より振込口座をお知らせします。
入金確認後、申込完了となりますのでお手数ですが宜しくお願い致します。

たのしかったね!第一回森のようちえん♪

手(グー)東京・練馬では、朝から久しぶりの青空が広がっています晴れ
昨日日曜日に行われた、第一回森のようちえんも台風が少しそれてくれたおかげで
無事行うことが出来ました。

公園の雑木林では、樹液が出ている木がいっぱい!
RIMG1444.JPG
クヌギやコナラ、シラカシなどの樹皮にカナブンが“鈴なり”になっている様子に釘付け目

今回初めての試みとして、オンラインプログラムを行いました。
諫早市こどもの城、主任専門員の福薗恵子さん“通称ウンコロジストふくちゃん”の
スペシャル授業「ケムシとウンコの環境教育」
イモムシ・ケムシとそのウンコに加え、今回はカメムシの魅力も伝えてもらいました。
DSCN5346x.JPG

ふくちゃんの目からウロコ!のお話と、桜餅そっくりのウンコの香りまで!体感できる特別教材で、大人も子どもも、自然界の“キラワレモノ”達への眼差しが、少ーし変化してきたようです。
InkedRIMG1446_LI.jpg
両手でグーで手(グー)「イモムシポーズ♪」手(グー)

「コスズメ(蛾の仲間)のイモムシ、“しっぽ”がぴょこぴょこしていて可愛いな黒ハート
RIMG1451.JPG
バードサンクチュアリ入口のネムノキで、“ナガサキアゲハ”を発見!
ふくちゃんから教えてもらったチョウだったね!!

元々九州に生息するチョウが練馬でも見られるようになったのは、気候変動の影響も心配され、手放しでは喜べません。
それでも、コロナ禍で直接会えない先生との繋がりを実感できたことは、少し嬉しい一幕でしたよ(●^^●)

2021年06月26日

明日は第一回森のようちえん!

今日は朝からいいお天気晴れ
明日もこんなお天気だったら‥と願わずにはいられません(涙)

コロナ禍でも、親子でよい自然体験・学習の機会を!と、ずっと準備をしてきました。
屋内プログラムも活用しながら、雨に負けず楽しんでもらいたいと思ってます。

参加予定のお友達は、ぜひ日頃の疑問質問も、昆虫、樹木、生き物博士の先生達に訪ねてみて下さいね!一緒に新しい扉を開きましょう!!

RIMG1448.JPG
ミズキの葉の裏で、生まれたばかりの子ども達をを守るエサキモンキツノカメムシのイクメンお父さんぴかぴか(新しい)
当日も、森の中で会えるといいな(●^^●)

2021年06月14日

パネル展&森のようちえん

しっとりと雨に濡れた週明けになりましたね。
本日は2点ご案内です。

@森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
第一回6月27日㈰ 10:00〜11:30 は好評につき【キャンセル待ち】受付に切り替えさせていただきました。
順番が早い方は、参加できる可能性がありますので、お早めに申込下さい。
申込フォームはコチラ

【お願い:申込フォーム入力された皆様へ】
今年度より、新型コロナ感染対策と致しまして、事前入金制となっております。
お待ちの方もいらっしゃいますので、18日㈮までに、指定の口座までご入金をお願いします。
2021第一回森のようちえんチラシ.jpg

Aパネル展『スタート!エコライフ2021夏』@練馬区役所1階アトリウム
6月の環境月間行事の一環で行われているパネル展に、ガールスカウト東京都第172団のみなさんとのコラボブースを出展しました。
DSC_1107.JPG

コロナ禍で、活動PRイベントが少なくなっていますが、第172団の皆さんが「いっしょに出ましょう!」と誘って下さったおかげで、素敵なブースができましたぴかぴか(新しい)本当に感謝しています。

スカウトの皆さん手作りの“みどりのリサイクル工作”が沢山飾ってある可愛いブースです黒ハート
DSC_1106.JPG

ブースNo6、総合案内所の正面・裏です。
DSC_1110.JPG
ぜひお立ち寄りください!

2021年06月01日

【申込開始!】森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜

おまたせしました!
第一回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜2021 開講しますNEW
2021第一回森のようちえんチラシ.jpg
日  時:6月27日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:練馬区立光が丘図書館2階視聴覚室
対  象:マスクができる幼児〜小学校低学年とその保護者

コロナ禍でも楽しんで体験してもらえるよう考えたプログラム2本立てです。
@ウンコロジストふくちゃんによるオンライン授業「ケムシとウンコの環境教育講座」
A初夏の公園の森探検

オンライン特別講師:福園恵子(通称ふくちゃん)諫早市こどもの城主任専門員
親子で身近な自然を楽しむ“五感トレーニング”研修や、タネ・羽・ホネ・ウンコなど、
身近な「自然のカケラ」を活用した出前授業に定評がある人気講師です☆
コロナ禍、地元を離れることはできませんが、自身初のオンライン授業を開催してくれることになりました!
視聴覚室の大きなスクリーンで、この日のために準備してくれた“ウンコ教材”を用いて行うスペシャル授業☆ぜひ“体感”してみてください。
DSCN9974.JPG

その後、光が丘公園の森を、昆虫博士の高橋先生達と一緒に探検します。
DSCN1154.JPG

「イモムシ・ケムシ‥うわ〜!気持ち悪い!!」って思っていませんか?
「ウンコやホネ‥無理無理!」っていうお母さん、お父さんも少なくないと思います。
自然の中には、人間が気持ち悪いと感じるものもたくさんあります。
でも、それらは全て、自然界の中で大切なもの、大切なカケラです。
大きな地球環境問題、生物多様性等を学ぶ前に、身近な生き物達への眼差しを変え、
親子で新しいみどりの扉を開いてみましょう!

DSCN1173.JPG
ちょっと目線を変えただけで‥
DSCN1067 オオスカシバ幼虫.JPG
生き物達が見えてくる!

RIMG2056.JPG
先生達が、少しだけお手伝いします
DSCN1060 クスアオシャク幼虫.JPG
上指差し「エダシャクの仲間」どこにいるか分かるかな〜?

感染対策のため、今年度は例年に比べて少人数制となっております。
申込はコチラお早めに!

【ご注意点】
※1.写真は全てイメージです。
※2.持ち物・服装等は上記イベントチラシに記載していますのでご確認下さい。
※3.今年度参加費は口座振込となります。
申込フォーム入力後、事務局より振込口座をお知らせします。
入金確認後、申込完了となりますのでお手数ですが宜しくお願い致します。

2021年05月28日

くらちゃん先生のお話会♪〜かわいいゆずこ〜

昨年一年間お休みしていた、練馬の森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜ですが、
今年度は、感染対策を行いながら光が丘公園で開催したいと準備を進めています。

その中の“くらちゃん先生”から、かわいいお話が届きましたのでご紹介しますねNEW

ある5月の爽やかな日、“ゆずこ”は、ユズの木と共に、たまごで我が家にやって来た。
20210525_091203.jpg

ユズの木を買ってきて、しばらくしてびっくり!
「鳥の糞が動いた!!」
20210503_104907.jpg
これが、ゆずことの出会い。

5日後、少し大きくなりました♪
20210508_163359.jpg

この日のウンコ♪ コロコロしていてかわいいね。
20210507_101838.jpg
そっと手のひらにのせると、○○○の香りが!!ひらめき
さて、○○○の中に入る言葉はなんでしょうか??
ヒントは果物の名前だよひらめき

ユズの新芽も花芽も全てゆずこの栄養にして、ゆずこはモリモリ成長したよ手(グー)


目に見えるのは、実は敵を驚かせるための模様。
20210512.jpg
本物の顔分かるかな?↑

そして、数日後、ゆずこはじっと動かなくなりました。
20210513_080722.jpg

そう!蛹になったのです。
20210523_100829.jpg

2週間ほどして、出てきたゆずこ!立派な夏型のナミアゲハでした。
20210525_113405.jpg
少しだけ写真を撮らせてもらって、逃がしました。


20210525_084828.jpg
ユズの木はいまだ植え替えるられることもなく、買ったときのまま
蛹の抜け殻をつけて大きくなりたいな〜と植え替えを待ち望んでいるのでした。
※今週末植え替え予定です(●^^●)

東京都や練馬区のイベント開催方針に沿いながら、来週中に開講日時をこちらのブログで掲載予定です。
人数制限もありますので、こまめにHPをチェックしていただけると嬉しいです。