2022年07月22日

応援御礼&次回イベント出展予定☆

東京練馬は、真夏の青空が広がっています晴れ
区内の小学校は昨日から夏休み!

先日ご案内した、東京FM サステナ*デイズ 聞いてくださった方達から
「小学生たち頑張っているね!」「よかったよ!!」等々‥嬉しい声が届きました。
小学生ボランティアの2人にとっては、これまで行ってきたことを振り返り、改めて自分の口で発信したことで、更なるモチベーションアップにつながったようです。
応援ありがとうございました!!
聞き逃した!もう一度聞きたい!!という方は、
こちらのサイトから、ご聴取頂けます♪(●^^●)
サステナ*デイズAuDee

また、小学生ボランティアたちは、今月30日㈯練馬駅北口 ココネリ3階で開かれる
「ねりま環境まなびフェスタ」でも活躍予定ひらめき
ポスター.jpg
“みどり・生きもの”コーナーにて、ガールスカウト東京都第172団の皆さんと、
豊玉障害者地域生活支援センターきらら 花くらぶの皆さんと協働で、ブース出展します!
背面ポスター2020 長.jpg
練馬の身近なみどりを学べる楽しいクイズを用意してお待ちしています!
参加賞として、練馬のお花で作った素敵な押し花しおりのプレゼントもかわいい
ぜひ!お越しください(●^^●)(●^^●)
posted by みどりちゃん at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのお知らせ

2022年07月20日

小学生ボランティア達が初めてのラジオ収録に挑戦しました!

東京練馬の小学校は、一学期最終日。
「明日から夏休み!」という実感がわくような夏日(猛暑日)になりそうです晴れ^^;

先日、森のようちえんや生き物調査で、活躍中の小学生ボランティア2名が
身近なみどりの生き物達と、自分たちの活動を発表するラジオインタビューを受けました!
DSC_0000_BURST20220716101013239_COVER.JPG
放送は、記念すべき夏休み初日の明日!!
東京FM サステナ*デイズ 11:30〜13:00
〜子どもの明日、大人の今日〜 というサブタイトルが、まさに森のようちえんにぴったり☆身近なみどりを通じて、私たちが、子ども達、そのお母さんお父さん達に伝えたいメッセージとリンクしていて、関係者一同出演をとても嬉しく思っています。

インタビューの様子は、開始早々11:30過ぎ頃から放送予定!
ぜひ番組のオープニングから聞いてくださいね!(●^^●)(●^^●)

posted by みどりちゃん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア出演予定

2022年07月19日

楽しかったね!7月の森のようちえん♪

東京・練馬は蒸し暑い朝^^;
海の日連休、みなさまいかがお過ごしでしたか?
少し遅くなってしまいましたが、7月の森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜の様子をお届けしますNEW
家族で身近なみどりを楽しむヒントが盛りだくさん!
変換 〜 DSCN0642p.jpg
森のようちえんのシンボルツリーの1つ、大きなクヌギの木の緑もすっかり夏の色!

公園の雑木林の中は、頭の上も、下も!生き物たちで溢れています!!
変換 〜 DSCN0597p ノコギリクワガタ.jpg
林に入るなり見つけた!ノコギリクワガタの♀

樹液レストランの観察は“足元注意”ひらめき
変換 〜 DSCN0616p タマムシ サトセナガアナバチ.jpg

樹液が出ているということは、木の幹が傷ついているということ。
幹が腐ったり、枯れている部分もあります。
そのことをよーくお話しして、理解してもらった上で、観察すると、面白い発見がたくさん!

「何かが顔を出しているよ!」
変換 〜 DSCN0612 タマムシ.jpg
「こんにちは〜☆」とタマムシさん!!
RIMG1444.JPG
美しい身体を持つヤマトタマムシは、朽木に生息します。
上の写真は、脱皮に失敗してしまって、殻が脱げなくなってしまった個体。
飛ぶこともできずに、もぞもぞと木の葉の上にいました。

樹液レストラン周りには、ハチの仲間もたくさん!
変換 〜 DSCN0620 エントツドロバチ.jpg
泥で巣を作る@エントツドロバチ
220703クロゴキブリを狩るサトセナガアナバチ雑木林光が丘066.JPG
朽木に生息するクロゴキブリを狩るAサトセナガアナバチ

そして、樹液大好き!!Bモンスズメバチ
変換 〜 220703モンスズメバチ雑木林光が丘029.jpg

樹液の出る木は、カブトムシ、クワガタ、カナブンなど甲虫が集まるイメージが強いですが、スズメバチの仲間も多く集まります。
樹液は木の上だけでなく根元から出ていることも多いため、子ども達が気付かず駆け寄った足元にスズメバチが!という可能性が十分にあります。
夏の森探検、特に樹液レストランの観察をするときには、ゆっくりとお家の人と手をつなぎ“足元注意”で木に近づくようにして下さいねexclamation×2

ちなみに、上記ハチシリーズの、@エントツドロバチ(ドロバチの仲間)や、Aサトセナガアナバチは基本的に人を刺すことはありません。
(直接的に危害を加えないかぎり)
家を作ったり、他の昆虫を狩ったり‥ハチの生態は実に様々!ぜひよーく観察してみてくださいね^^

また、今回の森のようちえんは、工作教室の代わりに、“なつもりビンゴ(夏の森ビンゴ)”を行いました。
バッチリビンゴ揃ったみんなに、くらちゃん先生からのスペシャルプレゼントぴかぴか(新しい)
変換 〜 DSCN0656.jpg
先生手作り!森のタペストリーが手渡され、みんな大喜びでしたハートたち(複数ハート)

最後に、今年度から新しくスタートした小学生ボランティア育成事業『親子生き物調査員』のお兄さんが
昆虫クイズを行ってくれて、大盛り上がり!
変換 〜 DSCN0674.jpg
森探検の時も、観察のサポートを一生懸命行ってくれて、子ども達からも「せんせい!」と大人気でした。
次回の森のようちえんでは、その大活躍の様子も詳しくレポートしますね手(チョキ)

変換 〜 DSCN0684.jpg
最後になってしまいましたが、今回も「森のごみを海のごみにしない!」を合言葉に、森で出会ったごみはみんなで拾いました。
毎月15日は「ごみ拾いの日!」 #あしもとから の活動に私たちも取り組んでいます手(グー)

2022年07月12日

袋掛け完了!ミツオさんのぶどうたち

東京・練馬にある、みやべぶどう園“通称:ミツオさんのぶどう畑”では、先日袋掛け作業が完了しました。
ぶどうたちは、袋の中で、あまく熟すのを待っています。
DSC_2955.JPG
袋の上にかかっている“笠”は近いうちに外さないと!とミツオさん。
DSC_2956.JPG

直売は、8月20日以降の予定だそうですが、自然相手なのでまだはっきりとは言えないとのこと。
販売開始したら、こちらのブログでもお知らせしたいと思います。
変換 〜 開会式ぶどうお披露目2.jpg
↑みやべぶどう園看板商品の“藤稔(ふじみのり)”
大粒で味が濃くてとっても美味しいですよ!お楽しみに(●^^●)
posted by みどりちゃん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう畑のミツオさん

2022年07月06日

★夏のイベント申込開始!★

お待たせしました!
夏のイベント申込受付開始しますNEW
いずれも、毎年人気の企画ですので、早めお申し込みがおすすめです!
***以下詳細です***
●セミの羽化の神秘〜夜の森探検〜
セミ羽化2022.jpg
*日時:8月6日(土) 19:00〜20:30 受付開始18:45
    雨天時 8月7日(日)
*場所:都立光が丘公園(練馬区光が丘4-1-1)
    集合 光が丘公園内『光が丘バードサンクチュアリ』
*対象:園児・小学生を含む親子*募集人数:先着20名 要予約・参加費事前振込制
*参加費:親子1組2000円(保険料・資料代等含む)
     追加料金:子ども1500円、大人500円
    ※未収園児の参加については事務局にお問合わせ下さい
*持ち物・服装:筆記用具、水筒、タオル、マスク、懐中電灯、薄手の長ズボン(蚊避け対策です)、スニーカー着用
☆申込みはこちら⇒セミ羽化申込フォーム

第三回森のようちえん2022チラシ.jpg
●第三回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:8月24日㈬ 9:30〜11:00【定員20名】
集合場所:光が丘公園バードサンクチュアリ
対  象:幼児〜小学校低・中学年とその保護者
*参加費:親子1組2000円(保険料・資料代等含む)
     追加料金:子ども1500円、大人500円
*参加費:親子1組2000円(保険料・資料代等含む)
     追加料金:子ども1500円、大人500円
特別講師:増永望美さん(認定NPO法人生態工房職員)
バードサンクチュアリ担当リーダーとして野鳥だけでない様々な自然の魅力を伝えてくれる人気講師です☆
RIMG1452.JPG
普段は立ち入れない光が丘公園の“秘境”、バードサンクチュアリの森の奥へ探検しよう!
RIMG1443.JPG
みんなで、外来種捕獲用の“カゴワナ”も引き上げてみよう!
第三回森のようちえん申し込みフォームはコチラ★

第四回森のようちえん2022チラシ.jpg
●第四回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜
日  時:8月28日㈰ 9:30〜11:00【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園サービスセンター前
対  象:幼児〜小学校低・中学年とその保護者
内  容:自然のキラワレモノ達を好きになる!?“目からウロコ”の映像授業の後、夏の終わりの森を五感を使って、探検します。季節の移り変わりを生き物観察を通して体感しましょう!
特別講師:“ウンコロジストふくちゃん”(諫早市こどもの城主任専門員)
★第四回森のようちえん申し込みフォームはコチラ★

※申込手順※
@フォーム入力。
A以下、ゆうちょ口座に参加費入金。

○参加費振込先○
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00120-0-370283  
※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
 口座名義:トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
B登録メールに担当者から、申込完了メールが届きます。

【ご注意:3イベント共通】
・参加費のお振込み確認後、受付完了になります。
・体調のすぐれない方、当日体温が37.5℃以上の方は参加をお断りしております。
・病欠の場合は、別日の森のようちえん等にお振替できます。(要事前電話連絡)

お電話でのお問い合わせは平日9時〜17時の間承ります。
担当 村田 までご連絡ください。
TEL 03-3922-1890 
posted by みどりちゃん at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのお知らせ

2022年07月05日

お久しぶりです!〜ミツオさんのぶどう畑から〜

関東にも台風が近づいています。東京練馬も空が暗くなってきました曇り
一年ぶりひらめきミツオさんのぶどう畑(練馬区谷原1丁目にある、みやべぶどう園)から
レポートします映画
変換 〜 DSC_2913.jpg
雨と梅雨明け後の強い日差しから大切なぶどうを守るための「笠かけ作業」が先週急ピッチで行われていました。
変換 〜 DSC_2914.jpg
白色の笠が“雨除け”、茶色が“日除け”
写真に写っているのは、マスカット‥ではなく、黒紫色の大玉になる“藤稔(ふじみのり)”という品種です。味が濃くてとっても美味しいですよ(●^^●)

台風の影響が心配ですが、大切に育てられているぶどうたち。
無事に嵐に耐えてくれますように。。

posted by みどりちゃん at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう畑のミツオさん

2022年06月15日

ごみ拾いを通じて海とつながる“プラごみバスターズ@練馬”全三回終了!

毎月15日 #あしもとから の日=ごみ拾いの日ひらめき
地球環境の未来のために、まずは自分ができることをしよう!という日です。
#あしもとから6.5.jpg
(一社)日本環境NPOネットワーク有志を中心とした環境活動を行う仲間が始めた試みです。
本ブログ、みどりちゃんの散歩道でも、今月から発信していきたいと思います!

6月15日の今回は、タイトルにもなっている、当会初のごみ拾いイベント事業“プラごみバスターズ@練馬”の実施報告も兼ねたいと思います^^
5月15日、5月29日、6月5日の三日間かけて、海、川、街の森のごみ拾いを練馬・板橋に住む小学生親子と大学生ボランティアさん他、延べ95名と行いました。

きっかけは、「海のない練馬に住む私たちにとって、海洋プラスチック問題は自分事として考えにくい」という言葉からでした。

本当にそうかな‥ 地図でみると、とんでもない!
荒川水系PP用.jpg
荒川水系を通して、練馬の街のごみは、海へと流れ込んでしまうことが分かりました!
そこで、有志が集まり、ごみ拾いスタート!
NPO1.jpg
スタートの第一回は、都立葛西海浜公園の西なぎさ
なぎさのクリーンナップ活動を行っている環境団体、DEXTE-K代表橋爪慶介さんが、なぎさの自然環境やプラごみの先生をして下さいました。
NPO2.jpg
(遠くに見えるのは、“夢の国”ディズニーリゾートです。)

当日は、大潮。ちょうど干潮時刻と重なったため、干潟で遊ぶ来園者も多数いました。
その足元には、無数のマイクロプラスチックごみが‥
NPO3.jpg
みんなで、5o目のふるいを使って採取してみました。
IMG_4235_s.jpg
マイクロ化されて、原型が全く分からないものもありましたが、洗濯ばさみのかけらや、某有名アイスの容器の蓋、ラムネ瓶の栓などなど‥子どもたちにも馴染み深いごみも多く、親子で問題を実感していました。

そして、練馬とつながる、荒川の河口へ
NPO4.jpg
「とっても広いね!!」

護岸のコンクリートブロックの隙間には、マイクロ化される前のごみが無数に引っかかっていました。
RIMG1544.JPG
奥に入り込んでしまって手が届かないものも‥
RIMG1547.JPG

一時間あまりにも関わらず、皆で拾ったごみは、45ℓごみ袋11袋分!
「がんばったね!!」
NPO5.jpg
橋爪先生が、#あしもとから Facebookに上げて下さいました。

また、なぎさには繫殖期を迎えた野鳥たちがたくさん集まっていました。
変換 〜 DSCN5536.jpg
婚姻色のサギたちの向こうには‥
変換 〜 DSCN5529t.jpg
南半球から渡ってきた、アジサシやコアジサシたちがたくさん!!
RIMG1552.JPG
森のようちえんの昆虫博士でお馴染み、日本野鳥の会の高橋先生が図鑑も使って教えてくれました!
ごみ拾いをしながら、なぎさの魅力を満喫しましたぴかぴか(新しい)

続いて‥第二回は、川のごみ拾い!
荒川水系一級河川の白子川源流(練馬区立大泉井頭公園内)で、ごみ拾いを行いました。

初めての胴長にやる気満々!
RIMG1594.JPG
当日はとっても暑かったので、胴長履かずに頑張るこも^^;

外気温は30度超でしたが、川底いたるところから、水が湧いていて、川の中は見た目以上にひんやりしています。
RIMG1568.JPG
“湧水”

この素晴らしい自然を守り伝えている白子川源流・水辺の会の皆さんが、講師として川の歴史や環境、川の生き物たちのことを丁寧に教えて下さいました。
変換 〜 DSC_2851.jpg

RIMG1595.JPG
網を入れると、ヌマエビや魚の稚魚がたくさん!

ちょうど、大雨の後だったこともあり、ごみは少なめ。
高学年生たちは「川に流れてしまったんだね‥」とちょっと悲しそうでしたが、
その代わりに、外来種捕獲(アメリカザリガニ)と、増えすぎてしまっている水生植物撤去(ウキヤガラ撤去)を行いました。
RIMG1584.JPG
アメリカザリガニ

↓水生植物“ウキヤガラ”。一株がこんなに、増えて、水面が見えなくなってしまっているのです。
RIMG1574.JPG

葉で手を切らないように軍手をして、一生懸命がんばりました!
RIMG1601.JPG

「たくさんとれたね!」
プラごみバスターズA白子川.jpg

この回ご協力いただいたのは、同じ練馬区内で活動している3団体のみなさまぴかぴか(新しい)
白子川源流・水辺の会
ねりまキッズボランティア
武蔵大学ボランティアサークルA't(アット)
変換 〜 DSC_2862.jpg
暑い中、早朝から本当にありがとうございました!
練馬区内で素敵なつながりがまた一つ増えました!!

そして、最後の第三回(最終回!)は、私たちの活動のメインフィールドである都立光が丘公園の森で、ごみ拾いを行いました。
プラごみバスターズ@練馬第三回.jpg
梅雨入り前、最後の日曜日で、青空が広がりとっても気持ちがよかったです。

ごみを探していたら、ぴょこぴょこと動くものを発見!
生き物観察.jpg

変換 〜 220605アズマヒキガエル雑木林光が丘011.jpg
アズマヒキガエルの赤ちゃんでした。
(卵は水の中ですが、卵からかえると、森の中で過ごします。)

頭の上には‥
変換 〜 220605エサキモンキツノカメムシ抱卵もみじ広場光が丘009.jpg
卵を抱く、エサキモンキツノカメムシのお母さん(メス)。

身近な公園の森で、自然の豊かさも実感できました!

最後に、全三回参加してくれた子どもたちへ“感謝状”を贈りました。
DSCN8046p.JPG
一枚、一枚、その子その子に合わせた特注品☆写真がそれぞれ違います。
感謝状.jpg
家族の思い出と、今後の学びや行動のきっかけにしてもらえれば嬉しいなと思っています(●^^●)

全三回分、最後まで読んで頂きありがとうございました!
みなさんも、 #あしもとから #ashimotokara 始めてみませんか??
posted by みどりちゃん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プラごみバスターズ

2022年06月09日

親子生き物調査員

新企画ひらめき『親子生き物調査員』募集します!!NEW
生き物調査員募集チラシ.jpg

森のようちえん卒園生や小学生親子向け企画です。
月に1度(2回の月も)、日曜日の朝は、生き物満喫時間を過ごしませんか?
季節を通じて身近な生き物たちの変化を体感できます。
学校の理科や総合学習にもつながりますよ!

●参加費:親子2名一組5000円(ボランティア保険料込)
●第一回日時:7月3日(日)8:30〜 (全10回予定。途中参加、退会自由です。)
●申し込みはコチラ→申込フォーム

その他、ご質問等ございましたら、事務局までお気軽にお問合せ下さい。
e-mail:info★midorikankyo.net (★の部分を@にかえてください)
TEL:03-3922-1890(平日9:00-17:00)

森の生き物、木の実など‥観察して見分けてみよう!!
何種類分かるかな‥soon
220605オオスカシバサービスセンター光が丘034.JPG
DSCN1610.JPG
変換 〜 220605オオスズメバチ雑木林光が丘025.jpg
変換 〜 220605エサキモンキツノカメムシ交尾もみじ広場光が丘047.jpg
RIMG1454.JPG
posted by みどりちゃん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子生き物調査員

2022年06月08日

【受付開始!】森のようちえん7月

7月の森のようちえん申込開始します!NEW
梅雨の曇り空を吹き飛ばそう!晴れ
●第二回森のようちえん〜身近なみどりで自然を体感〜2022
日  時:7月3日㈰ 10:00〜11:30【定員20名】
集合場所:都立光が丘公園バードサンクチュアリ前“昆虫原っぱ”
対  象:幼児※〜小学校低・中学年とその保護者 ※対象は3歳以上ですが、ご希望の方はご相談下さい。
参加費:親子2名一組2000円(追加:子ども1500円、大人500円)
森のようちえん2022.7チラシ.jpg

青葉が眩しい夏の森を探検します。
森の木や生き物達を親子で楽しく学べますよ♪
DSCN1610.JPG
「あぶない!スズメバチ!?」→実は違うよ。〇〇〇〇ムシの仲間だよ☆
RIMG1454.JPG
“どんぐりのあかちゃん”もスクスク成長中です!

申込フォームは★コチラ★

※申込手順※
@フォーム入力。
A以下、ゆうちょ口座に参加費入金。

○参加費振込先○
・ゆうちょ銀行(他行から):【店番】00八(ゼロゼロハチ)【普通】9671100 
(ゆうちょ口座から):【記号】10010【番号】96711001 
・ゆうちょダイレクト※:【記号番号】00210-0-370283  
※ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のオンラインサービスです。
 口座名義:トクヒ)ミドリカンキョウネットワーク
B登録メールに担当者から、申込完了メールが届きます。

2022年06月07日

楽しかったね!6月の森のようちえん♪

週明け、関東甲信越に梅雨入りのニュースが流れました。
東京練馬も、今日も曇りのお天気です曇り

ぎりぎり5日日曜日は、太陽も出て良いお天気の中、今年度第一回目の森のようちえんを開催することができましたので、楽しかった様子をご紹介します(●^^●)
変換 〜 DSCN8214p.jpg

森の木の枝先には、かわいい“どんぐりの赤ちゃん”がいっぱい!
RIMG1598.JPG
クヌギ

RIMG1596.JPG
スダジイ

どんぐり以外にも‥
変換 〜 220605もみじ広場光が丘042.jpg
イロハモミジ
RIMG1588.JPG
「ほんのり赤くてかわいいね黒ハート

となりのハナミズキの木の葉裏に発見!!
変換 〜 220605エサキモンキツノカメムシ抱卵もみじ広場光が丘009.jpg
卵を抱く、エサキモンキツノカメムシの母さん(メス)
※父さんと紹介してしまっていましたあせあせ(飛び散る汗)訂正し、お詫びいたします。

それを見た、年中組のお友達。今度は木の幹で何かを探し始めました‥
変換 〜 220605もみじ広場光が丘045 (1).jpg
「幹にも卵、ないかな〜??」
‥なるほど!ひらめき
冬の森のようちえんで見た、クヌギカメムシの卵は、幹に産み付けられていたものね!!
よく覚えているな〜と先生たちも感心しきり。。

「エサキモンキツノカメムシは、葉に卵を産むから、卵はないかな‥」と話していたら
卵じゃないけど、大発見!!
変換 〜 220605エサキモンキツノカメムシ交尾もみじ広場光が丘047.jpg
交尾中のオスとメスに出会いました。
“いい目”が育っているねぴかぴか(新しい)と先生もお母さんも大喜びでした^^

その他にも、足元で、「ハチ!?」と思いきや‥
220605オオスカシバサービスセンター光が丘034.JPG
ちょっと弱ったオオスカシバの成虫でした。
「ハチそっくりさんだけど、ガの仲間だから危なくないよ」と教えると‥
変換 〜 220605オオスカシバサービスセンター光が丘039.jpg
「ふわふわで可愛い黒ハート」と優しく手で包んで、踏まれないような場所に移してあげる女の子。
とってもすてきですね!ぴかぴか(新しい)

その後、“危ないけど、おもしろい!”樹液レストランを見に行きました。
変換 〜 DSC_2880.jpg

そこには、ヒカゲチョウの仲間や、ハナムグリなどが集まって大賑わい!
そして、やっぱりいました!
変換 〜 220605オオスズメバチ雑木林光が丘025.jpg
オオスズメバチ!!

刺激しないように、静かに離れて‥そのカッコイイ姿をちょっとだけ観察。
「すごかったね!」

何も知らずに、気付かず近寄ると大変!なので、森の危険もきちんとお勉強して楽しむのが森のようちえん流なのです^^

そして、6月の“森の工作教室”の材料はコレ!
変換 〜 220605雑木林光が丘062.jpg
クスノキの紅葉(落ち葉)です。

たくさん拾って‥
変換 〜 DSC_2883.jpg
ボトルに詰めて、完成!
誰でも簡単に作れる「くんくんボトル」です♪
キャップを開けて、シュッと押すと、樟脳の香りがシュッと出てきます。
「癒される〜黒ハート」と言ってくれたお母さんもいましたよ^^。

柑橘類の葉などでもぜひ試してみてね!(ミカンの木の葉はミカンの香りがします♪)

次回は、7月3日㈰!夏の森を探検します!昆虫たちにもたくさん会えるはず!お楽しみに!!
(近日中に申込フォームをこちらでアップします☆)